seitoku logo.jpg (12309 バイト)

Meiji Seitoku Kinen Gakkai(Meiji Japan Society)

[ ホーム ]

 

明治聖徳記念学会紀要 検索
 
紀要論題一覧 検索
番号 雑誌名・号 発行年月日 分類 論題 著者
1明治聖徳 第1巻大正3年2月18日研究三社託宣の歴史的批判的研究 其1星野日子四郎
2明治聖徳 第1巻大正3年2月18日講演先づ自己を知れ―日本文明研究機関の整備を促す加藤玄智
3明治聖徳 第1巻大正3年2月18日講演日本文明研究の必要井上哲次郎
4明治聖徳 第1巻大正3年2月18日講演精神修養と大和魂高木兼寛
5明治聖徳 第1巻大正3年2月18日講演オロッコ族に就いて鳥居龍蔵
6明治聖徳 第1巻大正3年2月18日講演日本に於ける義犬塚伝説に就きて高木敏雄
7明治聖徳 第1巻大正3年2月18日講演武士と敬神芳賀矢一
8明治聖徳 第1巻大正3年2月18日講演明治天皇の御治績と世界の大勢箕作元八
9明治聖徳 第1巻大正3年2月18日講演日本の 修身 に就きて林博太郎
10明治聖徳 第1巻大正3年2月18日講演来朝所感の一端F.Starr.(スタル)
11明治聖徳 第1巻大正3年2月18日雑録越前、淡路、下野旅行瑣談井上哲次郎
12明治聖徳 第1巻大正3年2月18日雑録姉崎博士の「日本宗教感情」池田立基
13明治聖徳 第2巻大正3年10月10日研究三社託宣の歴史的批評的研究 其2星野日子四郎
14明治聖徳 第2巻大正3年10月10日講演日本仏教史上の特例村上専精
15明治聖徳 第2巻大正3年10月10日講演日本の 修身 に就きて 其2林博太郎
16明治聖徳 第2巻大正3年10月10日講演日本文化の支那に及ぼせる影響 其1服部宇之吉
17明治聖徳 第2巻大正3年10月10日講演日本彫刻の特質中川忠順
18明治聖徳 第2巻大正3年10月10日講演基仏独三国に於ける宗教々育に就いて保科孝一
19明治聖徳 第2巻大正3年10月10日講演羅馬興亡論村川堅固
20明治聖徳 第2巻大正3年10月10日講演国民思想の統一池田立基
21明治聖徳 第2巻大正3年10月10日講演南洋旅行談 其1小野孝太郎
22明治聖徳 第2巻大正3年10月10日雑録滞米所感姉崎正治
23明治聖徳 第2巻大正3年10月10日雑録遠甲二州旅行の談片加藤玄智
24明治聖徳 第2巻大正3年10月10日雑録横浜よりエルサレムまでH.H.Coates.
25明治聖徳 第2巻大正3年10月10日雑録余が膠洲湾滞在中の所見山本茂
26明治聖徳 第3巻大正4年4月3日研究倭論語に現はれたる宗教思想の位置加藤玄智
27明治聖徳 第3巻大正4年4月3日研究三社託の歴史的批判的研究 其3星野日子四郎
28明治聖徳 第3巻大正4年4月3日講演大嘗祭に就きて和田英松
29明治聖徳 第3巻大正4年4月3日講演日本に於ける儒教の順応性白鳥庫吉
30明治聖徳 第3巻大正4年4月3日講演戦争と我国民の使命深作安文
31明治聖徳 第3巻大正4年4月3日講演徳川慶喜公萩野由之
32明治聖徳 第3巻大正4年4月3日講演道教概観小柳司気太
33明治聖徳 第3巻大正4年4月3日講演独逸に於ける日本研究の近況石橋智信
34明治聖徳 第3巻大正4年4月3日講演南洋旅行談 其2小野孝太郎
35明治聖徳 第3巻大正4年4月3日講演日本文化の支那に及ぼせる影響 其2服部宇之吉
36明治聖徳 第3巻大正4年4月3日講演仏蘭西の国民性に就きて五来欣造
37明治聖徳 第3巻大正4年4月3日雑録所感荒井泰治
38明治聖徳 第3巻大正4年4月3日雑録現下の神社対宗教問題報道子
39明治聖徳 第4巻大正4年11月3日口絵鎌倉極楽寺境内慈善病院並に馬病屋古図高野山上及遊行寺内怨親平等碑
40明治聖徳 第4巻大正4年11月3日研究倭論語の本文批評的研究 其1加藤玄智
41明治聖徳 第4巻大正4年11月3日講演熊沢蕃山の朝廷に対する考三上参次
42明治聖徳 第4巻大正4年11月3日講演和歌と戦争佐々木信綱
43明治聖徳 第4巻大正4年11月3日講演道教の特質及其影響井上哲次郎
44明治聖徳 第4巻大正4年11月3日講演日本仏教の二大発達鷲尾順敬
45明治聖徳 第4巻大正4年11月3日講演我日本音楽の将来富尾木知佳
46明治聖徳 第4巻大正4年11月3日講演余の観たる孔孟の教渋沢栄一
47明治聖徳 第4巻大正4年11月3日講演吾等民族の覚悟佐藤鉄太郎
48明治聖徳 第4巻大正4年11月3日講演山東の天地宮川仁蔵
49明治聖徳 第4巻大正4年11月3日講演欧米漫遊所感上田萬年
50明治聖徳 第4巻大正4年11月3日雑録大礼の要旨長井真琴
51明治聖徳 第4巻大正4年11月3日Three Remarkable Example of Philanthropism in Japan.Genchi Kato.
52明治聖徳 第5巻大正5年5月13日研究倭論語の本文批評的研究 其2加藤玄智
53明治聖徳 第5巻大正5年5月13日研究支那陶器の研究を薦む 其1上田恭輔
54明治聖徳 第5巻大正5年5月13日講演帝国憲法の特質清水澄
55明治聖徳 第5巻大正5年5月13日講演日本人の拳固力松本亦太郎
56明治聖徳 第5巻大正5年5月13日講演戦時の独逸国民石川源三郎
57明治聖徳 第5巻大正5年5月13日講演西蔵文明の起源及現状 其1河口慧海
58明治聖徳 第5巻大正5年5月13日講演戦争心理の一節速水滉
59明治聖徳 第5巻大正5年5月13日講演宮本武蔵の精神術福来友吉
60明治聖徳 第5巻大正5年5月13日講演白人の世界か黄人の世界か中村久四郎
61明治聖徳 第5巻大正5年5月13日講演露西亜の国民性に就きて八杉貞利
62明治聖徳 第5巻大正5年5月13日雑録御大典参列感話林博太郎・柳田國男
63明治聖徳 第5巻大正5年5月13日雑録神社対宗教問題の各種観察水野練太郎・高木兼寛・前田慧雲・井上哲次郎
64明治聖徳 第5巻大正5年5月13日雑録外国人の観たる三種の神器長井真琴
65明治聖徳 第6巻大正5年11月3日研究巴利語と仏教長井真琴
66明治聖徳 第6巻大正5年11月3日研究支那陶器の研究を薦む 其2上田恭輔
67明治聖徳 第6巻大正5年11月3日講演日本医学史上より観たる流行病富士川遊
68明治聖徳 第6巻大正5年11月3日講演三百年以前の日米関係村上直次郎
69明治聖徳 第6巻大正5年11月3日講演台湾視察談後藤新平
70明治聖徳 第6巻大正5年11月3日講演言語を説明の資料とすること 其1藤岡勝二
71明治聖徳 第6巻大正5年11月3日講演純神道田中義能
72明治聖徳 第6巻大正5年11月3日講演村上式注意術と教育 其1村上辰午郎
73明治聖徳 第6巻大正5年11月3日講演何ものか是れ宗教 其1加藤玄智
74明治聖徳 第6巻大正5年11月3日講演余の見聞したる米国服部宇之吉
75明治聖徳 第6巻大正5年11月3日雑録アームストロング氏著「日本儒教の研究」(R.C.Armstrong:Light From the East; Studies in Japanese Confucianism)を評す姉崎正治
76明治聖徳 第6巻大正5年11月3日雑録神社と祖先崇拝とに関する世論一瞥栗原広廓
77明治聖徳 第6巻大正5年11月3日雑録彰考館神書目録抄本雨谷毅
78明治聖徳 第6巻大正5年11月3日雑録ハーバード大学所蔵欧文神道書類今岡信一良
79明治聖徳 第7巻大正6年5月1日口絵台湾ツァリセン族の祖先像
80明治聖徳 第7巻大正6年5月1日研究台湾人の宗教丸井圭次郎
81明治聖徳 第7巻大正6年5月1日研究水墨画の起源及び価値瀧精一
82明治聖徳 第7巻大正6年5月1日講演何ものか是れ宗教 其2加藤玄智
83明治聖徳 第7巻大正6年5月1日講演禊の実修伊崎良熈
84明治聖徳 第7巻大正6年5月1日講演時局と国民の覚悟白鳥庫吉
85明治聖徳 第7巻大正6年5月1日講演村上式注意術と教育 其2村上辰午郎
86明治聖徳 第7巻大正6年5月1日講演言語を説明の資料とすること 其2藤岡勝二
87明治聖徳 第7巻大正6年5月1日講演群集心理 其1桑田芳蔵
88明治聖徳 第7巻大正6年5月1日講演日本音楽の発達田邊尚雄
89明治聖徳 第7巻大正6年5月1日講演西蔵文明の起源及現状 其2河口慧海
90明治聖徳 第7巻大正6年5月1日講演生物学上の遺伝に就きて 其1山内繁雄
91明治聖徳 第7巻大正6年5月1日講演日本労働者の生活状態鈴木文治
92明治聖徳 第7巻大正6年5月1日雑録神社問題に関する世論一瞥井上哲次郎・高島平三郎・大島正徳・加茂百樹・加藤玄智
93明治聖徳 第7巻大正6年5月1日雑録アームストロング氏著「日本儒教の研究」(R.C.Armstrong:Light From the East; Studies in Japanese Confucianism)を評す姉崎正治
94明治聖徳 第8巻大正6年10月3日研究山鹿素行子の聖教に就いて山本信哉
95明治聖徳 第8巻大正6年10月3日研究古事記の性質及び其の編述の時代安藤正次
96明治聖徳 第8巻大正6年10月3日講演同円異中心主義吉田静致
97明治聖徳 第8巻大正6年10月3日講演未来の大乗椎尾辨匡
98明治聖徳 第8巻大正6年10月3日講演生物学上の遺伝に就きて 其2山内繁雄
99明治聖徳 第8巻大正6年10月3日講演日本武士道と西洋武士道高木武
100明治聖徳 第8巻大正6年10月3日講演群集心理 其2桑田芳蔵
101明治聖徳 第8巻大正6年10月3日講演女性心理林博太郎
102明治聖徳 第8巻大正6年10月3日講演何ものか是れ宗教 其3加藤玄智
103明治聖徳 第8巻大正6年10月3日雑録安藤正治君の本講演に対する井上(哲)文学博士の批評報道子
104明治聖徳 第8巻大正6年10月3日附録Le ShintoismeMichel Revon(ミシェル・ルヴォン)原著・田中経太郎訳述
105明治聖徳 第9巻大正7年6月5日研究「神道」と云ふ語の用例に就きて星野日子四郎
106明治聖徳 第9巻大正7年6月5日講演教育の力林博太郎
107明治聖徳 第9巻大正7年6月5日講演平安朝貴族の生活関根正直
108明治聖徳 第9巻大正7年6月5日講演シャマン教より見たる朝鮮の巫子鳥居龍蔵
109明治聖徳 第9巻大正7年6月5日講演時局と国民性野田義夫
110明治聖徳 第9巻大正7年6月5日講演仏蘭西に於ける伝統主義と日本池田立基
111明治聖徳 第9巻大正7年6月5日講演現代国民の飲酒と時代国民の体質片山国嘉
112明治聖徳 第9巻大正7年6月5日講演欧米宗教事情矢吹慶輝
113明治聖徳 第9巻大正7年6月5日雑録高密城及其附近の旧蹟在青島一会員
114明治聖徳 第9巻大正7年6月5日雑録須田飛燕君の倭論語に及ぼせる基督教の影響を読みて星野朝陽
115明治聖徳 第10巻大正7年11月20日口絵間宮林蔵宛伊能忠敬自筆状
116明治聖徳 第10巻大正7年11月20日研究「うしはく」と「しらす」てふ言葉の異同に就きて加藤玄智
117明治聖徳 第10巻大正7年11月20日研究伊能忠敬翁及び翁と同時代の先覚者大谷亮吉
118明治聖徳 第10巻大正7年11月20日講演仏教の偸盗戒に就きて長井真琴
119明治聖徳 第10巻大正7年11月20日講演明治天皇と聖徳太子黒板勝美
120明治聖徳 第10巻大正7年11月20日講演本地垂迹の原理権田雷斧
121明治聖徳 第10巻大正7年11月20日講演最近に於ける地震学の諸問題今村明恒
122明治聖徳 第10巻大正7年11月20日講演アイヌの神話に就いて金田一京助
123明治聖徳 第10巻大正7年11月20日講演精神病の境三宅鉱一
124明治聖徳 第10巻大正7年11月20日講演犯罪の発生寺田精一
125明治聖徳 第10巻大正7年11月20日講演真空の応用横山英太郎
126明治聖徳 第10巻大正7年11月20日講演基督教信者の日本大名M.Steichen.
127明治聖徳 第10巻大正7年11月20日講演満鮮所見大山柏
128明治聖徳 第11巻大正8年5月30日研究仮名の字源に就いて橋本進吉
129明治聖徳 第11巻大正8年5月30日講演現代の神社宮地直一
130明治聖徳 第11巻大正8年5月30日講演特殊部落に就きて遠藤隆吉
131明治聖徳 第11巻大正8年5月30日講演犯罪の調節小河滋次郎
132明治聖徳 第11巻大正8年5月30日講演土俗より見たる日本の民族中山太郎
133明治聖徳 第11巻大正8年5月30日講演矢部駿河守定謙に就いて北条時敬
134明治聖徳 第11巻大正8年5月30日講演科学と工業長岡半太郎
135明治聖徳 第11巻大正8年5月30日雑録泰山と曲阜坂部正健
136明治聖徳 第12巻大正8年10月11日研究「しらす」と「うしはく」てふ語の異同に関する研究加藤玄智
137明治聖徳 第12巻大正8年10月11日研究豊太閤と大政所渡辺世祐
138明治聖徳 第12巻大正8年10月11日研究平安朝時代の草仮名(伝貫之及び行成の筆に就きて)尾上八郎
139明治聖徳 第12巻大正8年10月11日講演仏教渡来前に於ける国家組織と神道の成立津田敬武
140明治聖徳 第12巻大正8年10月11日講演地方的迷信井上円了
141明治聖徳 第12巻大正8年10月11日講演「はがくれ」と武士道との関係湯原元一
142明治聖徳 第12巻大正8年10月11日講演古の希臘人田中秀央
143明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究本会に於ける「しらす」「うしはく」二語の研究開始に就きて(大正8年4月例会)加藤玄智
144明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究我国体の特色を論じて「しらす」「うしはく」に及ぶ井上哲次郎
145明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究「しらす」の語義研究と「よさす」の辞義田中治五平
146明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究井上・田中両君の所説中に含まるゝ矛盾の解除如何加藤玄智
147明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究「しらす」と「うしはく」てふ語の異同に関する研究に就きて(大正8年5月例会)加藤玄智
148明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究古典の用例より見たる「シラス」と「ウシハク」河野省三
149明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究国語史上より見たる「シラス」と「ウシハク」安藤正次
150明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究言語上より見たる「シラス」と「ウシハク」白鳥庫吉
151明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究「シラス」と「ウシハク」の対立双用上の意義山本信哉
152明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究以上所説に対する批評井上哲次郎
153明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究稲に関係ある列聖の御名に就きて白鳥庫吉
154明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究河野君対井上博士の批評に就きて加藤玄智
155明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究更に一言す井上哲次郎
156明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究井上博士の漢字の「神」の字と「かみ」の語の関係に就きて加藤玄智
157明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究神と鬼と天の関係に就きて井上哲次郎
158明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究「シラス」と「ウシハク」の語義(大正8年9月例会)三矢重松
159明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究三矢君の批評に答へて「しらす」「うしはく」二語の異同軽重に及ぶ加藤玄智
160明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究三矢君の解釈を評す安藤正次
161明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究安藤君の批評に答へて三矢重松
162明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究「しらす」「うしはく」二語の表明せる根本精神を把柱せよ筧克彦
163明治聖徳 第13巻大正9年4月20日研究神道的に考えたる「しらす」の意義補永茂助
164明治聖徳 第13巻大正9年4月20日講演我国現下の糧食問題稲垣乙丙
165明治聖徳 第13巻大正9年4月20日講演亜米利加印度人部落の一瞥村川堅固
166明治聖徳 第14巻大正9年11月20日研究更に「しらす」と「うしはく」二語の異同に就きて加藤玄智
167明治聖徳 第14巻大正9年11月20日講演昭憲皇后陛下の御坤徳(若葉のかげ)下田歌子
168明治聖徳 第14巻大正9年11月20日講演音声の研究に就きて佐久間鼎
169明治聖徳 第14巻大正9年11月20日講演文字と支那の社会後藤朝太郎
170明治聖徳 第14巻大正9年11月20日講演栄養問題に就きて永井潜
171明治聖徳 第14巻大正9年11月20日講演欧米漫遊所見後藤新平
172明治聖徳 第14巻大正9年11月20日講演南部九州及琉球所見大山柏
173明治聖徳 第14巻大正9年11月20日講演修養の一方法としての断食宮坂喆宗
174明治聖徳 第14巻大正9年11月20日講演実践談を背景としたる労資強調に就きて斎藤精一
175明治聖徳 第14巻大正9年11月20日講演思想界の動揺と我国体観本郷房太郎
176明治聖徳 第14巻大正9年11月20日英文The Heike Monogatari.A.L.Sadler.(サッドラー)
177明治聖徳 第14巻大正9年11月20日英文Some Primitive Survials in Old Testament ReligionClara Smith.(クララ・スミス)
178明治聖徳 第15巻大正10年3月28日研究仏教と酒肉長井真琴
179明治聖徳 第15巻大正10年3月28日研究「しらす」と「うしはく」に対する本居一派の態度星野日子四郎
180明治聖徳 第15巻大正10年3月28日講演人種差別撤廃問題に就きて下村宏
181明治聖徳 第15巻大正10年3月28日講演聖徳太子小観黒板勝美
182明治聖徳 第15巻大正10年3月28日講演日韓同治と朝鮮研究持地六三郎
183明治聖徳 第15巻大正10年3月28日講演日光東照宮の造替に就きて平泉澄
184明治聖徳 第15巻大正10年3月28日講演基督教の神髄今岡信一良
185明治聖徳 第15巻大正10年3月28日講演書籍目録に就きて和田萬吉
186明治聖徳 第15巻大正10年3月28日講演余の新宗教論千家鉄麿
187明治聖徳 第15巻大正10年3月28日英文The Heike Monogatari.A.L.Sadler.(サッドラー)
188明治聖徳 第15巻大正10年3月28日英文Some Primitive Survials in Old Testament ReligionClara Smith.(クララ・スミス)
189明治聖徳 第16巻大正10年9月19日研究「妙貞問答」解題坂本広太郎
190明治聖徳 第16巻大正10年9月19日研究神道の研究に就て加藤玄智
191明治聖徳 第16巻大正10年9月19日講演環境と思想市村王替次郎
192明治聖徳 第16巻大正10年9月19日講演大和の国土山崎直方
193明治聖徳 第16巻大正10年9月19日講演滞欧中祖国の思想界を回顧して堀田正恒
194明治聖徳 第16巻大正10年9月19日講演徳川時代思想界の一面観津田左右吉
195明治聖徳 第16巻大正10年9月19日講演ホルトム博士の神道の起源に関する研究―諾冉二神の性質福原空露
196明治聖徳 第16巻大正10年9月19日講演ホルトム博士の諾冉二神に関する意見を聴きて中山太郎
197明治聖徳 第16巻大正10年9月19日講演現代支那の孔子教中村久四郎
198明治聖徳 第16巻大正10年9月19日講演自治生活の新精神後藤新平
199明治聖徳 第16巻大正10年9月19日講演世界的一大秘密結社今井時郎
200明治聖徳 第16巻大正10年9月19日The Ancient Japanese Sky-father and Earth-Mother ―a Study in Shinto Origins.D.C.holtom.(ドクトル・デ・シ・ホルトム)
201明治聖徳 第17巻大正11年4月10日研究上代漢民族の間に行はれたる儀礼と古代セミチック人種の祭典との比較研究上田恭輔
202明治聖徳 第17巻大正11年4月10日講演大御心芳賀矢一
203明治聖徳 第17巻大正11年4月10日講演世界改造に関する国字問題田中館愛橘
204明治聖徳 第17巻大正11年4月10日講演大祓詞に現われたる罪悪感と其価値津田敬武
205明治聖徳 第17巻大正11年4月10日講演我国の湖沼と其経済的価値田中阿歌麿
206明治聖徳 第17巻大正11年4月10日講演帝王学の教科書三代御記坂本広太郎
207明治聖徳 第17巻大正11年4月10日講演バビロニヤの神政主義原田敬吾
208明治聖徳 第17巻大正11年4月10日講演西伯利亞ブリヤード地方旅行鳥居龍蔵
209明治聖徳 第17巻大正11年4月10日講演富士山と富士講Frederick Starr.
210明治聖徳 第17巻大正11年4月10日講演余の見聞せる南米藤崎三郎助
211明治聖徳 第17巻大正11年4月10日雑録本居翁自身も「しらす」と「うしはく」てふ語を是の如く無差別に使用したり加藤玄智
212明治聖徳 第17巻大正11年4月10日英文The Ancient Japanese Sky-father and Earth-Mother ―a Study in Shinto Origins.D.C.holtom.(ドクトル・デ・シ・ホルトム)
213明治聖徳 第17巻大正11年4月10日英文Poems Made on the Royal Visit of Jito Tenno to the Shrine of Yoshino by Hitomaro.E.E.Speight(イー・イー・スペート)
214明治聖徳 第18巻大正11年10月5日研究古語拾遺所載御歳神の祭祀に就いて星野日子四郎
215明治聖徳 第18巻大正11年10月5日講演欧米の教育現況視察林博太郎
216明治聖徳 第18巻大正11年10月5日講演我が古代国民の自覚岡田正之
217明治聖徳 第18巻大正11年10月5日講演教育勅語の形成紀平正美
218明治聖徳 第18巻大正11年10月5日講演信仰に関する家紋沼田頼輔
219明治聖徳 第18巻大正11年10月5日講演判官贔屓藤村作
220明治聖徳 第18巻大正11年10月5日講演産業革命と人心の動揺上田貞次郎
221明治聖徳 第18巻大正11年10月5日講演鎌倉時代と明治大正時代の建築関野貞
222明治聖徳 第18巻大正11年10月5日講演明治の法律と法律学 其1穂積陳遠
223明治聖徳 第18巻大正11年10月5日講演余の試みたるアルプス山アイガー尾根よりせる初登攀槙有恒
224明治聖徳 第18巻大正11年10月5日英文The Ancient Japanese Sky-father and Earth-Mother ―a Study in Shinto Origins.D.C.holtom.(ドクトル・デ・シ・ホルトム)
225明治聖徳 第18巻大正11年10月5日英文schamanismus.Barathosi Palogh Benedek.(バラトシ教授)
226明治聖徳 第18巻大正11年10月5日英文Eretz Yisrael.E.A.Gordon.(ゴルドン夫人)
227明治聖徳 第18巻大正11年10月5日御影講演開会の辞嘉納純一
228明治聖徳 第18巻大正11年10月5日御影講演日本の天然と国民性石橋五郎
229明治聖徳 第18巻大正11年10月5日御影講演我が国家の成立と現代思潮の趨勢加藤玄智
230明治聖徳 第19巻大正12年3月20日研究陵の祭と陵の神の宮山口鋭之助
231明治聖徳 第19巻大正12年3月20日講演明治の法律と法律学 其2穂積重遠
232明治聖徳 第19巻大正12年3月20日講演ハワイの土俗に就きて 其1藤岡勝二
233明治聖徳 第19巻大正12年3月20日講演日本古代船舶の型式 其1西村真次
234明治聖徳 第19巻大正12年3月20日講演和歌と皇室武島又次郎
235明治聖徳 第19巻大正12年3月20日雑録神道研究書目草案蜷川龍夫
236明治聖徳 第19巻大正12年3月20日英文The Ancient Japanese Sky-father and Earth-Mother ―D.C.holtom.(ドクトル・デ・シ・ホルトム)
237明治聖徳 第19巻大正12年3月20日英文schamanismus.Barathosi Palogh Benedek.(バラトシ教授)
238明治聖徳 第20巻大正12年7月20日研究言語と文字に現はれた我が国民性安藤正次
239明治聖徳 第20巻大正12年7月20日講演神社の発達に関する一観察黒板勝美
240明治聖徳 第20巻大正12年7月20日講演ハワイの土俗に就きて 其2藤岡勝二
241明治聖徳 第20巻大正12年7月20日講演日本古代船舶の型式 其2西村真次
242明治聖徳 第20巻大正12年7月20日講演国文学と註釈島津久基
243明治聖徳 第20巻大正12年7月20日講演親鸞の人格及び其首張鷲尾順敬
244明治聖徳 第20巻大正12年7月20日講演文化交渉の心理桑田芳蔵
245明治聖徳 第20巻大正12年7月20日講演文人画の真価大村西崖
246明治聖徳 第20巻大正12年7月20日雑録欧米より見たる日本植松安
247明治聖徳 第20巻大正12年7月20日雑録東西の東洋学者に就て白鳥庫吉
248明治聖徳 第20巻大正12年7月20日雑録価値組織鹿子木員信
249明治聖徳 第20巻大正12年7月20日英文schamanismus.Barathosi Palogh Benedek.(バラトシ教授)
250明治聖徳 第20巻大正12年7月20日英文A Mountain Cloud at Dawn.Frances Burnett(バーネット夫人)
251明治聖徳 第21巻大正13年6月5日研究震災に由つて出現した日本最古の橋脚沼田頼輔
252明治聖徳 第21巻大正13年6月5日研究神話構成の決定要因としての社会現象松村武雄
253明治聖徳 第21巻大正13年6月5日講演熊沢蕃山の教育意見春山作樹
254明治聖徳 第21巻大正13年6月5日講演明治時代建築の新歩伊東忠太
255明治聖徳 第21巻大正13年6月5日講演維新前後の琉球の社会状態東恩納寛惇
256明治聖徳 第21巻大正13年6月5日雑纂今後の東京の地震に就いて今村明恒
257明治聖徳 第21巻大正13年6月5日雑纂大震災と青年団宮川仁蔵
258明治聖徳 第21巻大正13年6月5日雑纂古語拾遺関係書目加藤玄智・星野日子四郎
259明治聖徳 第21巻大正13年6月5日英文Song in Celebration of the Recent Imperial Weding of the Prince Regent and Priness Nagako.C.M.Salwey(サルウェイ夫人)
260明治聖徳 第21巻大正13年6月5日英文schamanismus.Barathosi Palogh Benedek.
261明治聖徳 第22巻大正13年9月25日研究南鮮沿岸の築城群伴三千雄
262明治聖徳 第22巻大正13年9月25日講演日本の数学三上義夫
263明治聖徳 第22巻大正13年9月25日講演三蔵とは何ぞ長井真琴
264明治聖徳 第22巻大正13年9月25日講演台湾生蕃の土俗学的研究後藤朝太郎
265明治聖徳 第22巻大正13年9月25日講演日本基督教各派の現況相原一郎介
266明治聖徳 第22巻大正13年9月25日講演万国博覧会参加五十年平山成信
267明治聖徳 第22巻大正13年9月25日雑纂土人保護の事業柳田國男
268明治聖徳 第22巻大正13年9月25日雑纂明治時代に於ける社会意識の発達綿貫哲雄
269明治聖徳 第22巻大正13年9月25日雑纂富嶽に登りて柴田孫太郎
270明治聖徳 第22巻大正13年9月25日英文On the Historical Book Kogoshui.Genchi Kato
271明治聖徳 第23巻大正14年5月25日研究古事記に見えし植物白井光太郎
272明治聖徳 第23巻大正14年5月25日研究尾張国府宮の直会祭と人身御供及追儺加藤玄智
273明治聖徳 第23巻大正14年5月25日講演日本と漢学の思想小柳司気太
274明治聖徳 第23巻大正14年5月25日講演唐代の文献より観たる正倉院御物原田淑人
275明治聖徳 第23巻大正14年5月25日講演歴史に現はれたる統合の力大類伸
276明治聖徳 第23巻大正14年5月25日講演思想善導の第一原理廣井辰太郎
277明治聖徳 第23巻大正14年5月25日講演新武士道の国際的運動に就いて 其1高島平三郎
278明治聖徳 第23巻大正14年5月25日雑纂南洋旅行記宮坂光次
279明治聖徳 第23巻大正14年5月25日英文The Identification of the Chinese PhoenixM.U.Hachisuka.
280明治聖徳 第24巻大正14年8月15日研究鈴木重胤の真人物樹木快淳
281明治聖徳 第24巻大正14年8月15日研究古語拾遺所載御歳神の祭祀に於ける白色動物に就きて星野日子四郎
282明治聖徳 第24巻大正14年8月15日講演精神的信条と経済的目標寺島成信
283明治聖徳 第24巻大正14年8月15日講演新武士道の国際的運動に就いて 其2高島平三郎
284明治聖徳 第24巻大正14年8月15日講演念仏往生の教義の発達 其1望月信亨
285明治聖徳 第24巻大正14年8月15日英文The Present Condition of Budhism.James.B.Pratt.
286明治聖徳 第24巻大正14年8月15日英文Notes on Some Shrines Dedicated to Certain Kami or Japanese Human Gods during Acutual Life Time.Genchi Kato.
287明治聖徳 第25巻大正15年4月10日研究万葉集概観次田潤
288明治聖徳 第25巻大正15年4月10日研究古語拾遺所載御歳神祭祀に見えたる動植物に就きて星野日子四郎
289明治聖徳 第25巻大正15年4月10日講演念仏往生の教義の発達 其2望月信亨
290明治聖徳 第25巻大正15年4月10日講演今日に処するの道如何深作安文
291明治聖徳 第25巻大正15年4月10日講演宗教としての神道の深さと世界の模範としての日本千家鉄麿
292明治聖徳 第25巻大正15年4月10日講演天明の狂歌に就いて野崎城雄
293明治聖徳 第25巻大正15年4月10日講演宗教的方面より見たる台湾の民族性丸井圭治郎
294明治聖徳 第25巻大正15年4月10日講演過失罪に就て趙欣伯
295明治聖徳 第25巻大正15年4月10日講演バルカンに於ける三王国王室の由来と其国民との関係堀口九萬一
296明治聖徳 第25巻大正15年4月10日雑録故ゴルドン夫人の思出佐伯好郎
297明治聖徳 第25巻大正15年4月10日雑録伊豆大島見聞記法月俊郎
298明治聖徳 第25巻大正15年4月10日英文Shotoku-Ji-yen Rikimaru
299明治聖徳 第26巻大正15年9月5日研究浄土真宗沖縄開教前史伊波普猷
300明治聖徳 第26巻大正15年9月5日講演現代的神社今岡信一良
301明治聖徳 第26巻大正15年9月5日講演航空心理田中寛一
302明治聖徳 第26巻大正15年9月5日講演布哇の日本人浅野孝之
303明治聖徳 第26巻大正15年9月5日講演大邦日本の理想大川周明
304明治聖徳 第26巻大正15年9月5日講演余が見たる最近の露西亜八杉貞利
305明治聖徳 第26巻大正15年9月5日講演欧州戦争後に於ける物価貨幣為替問題の概観河津暹
306明治聖徳 第26巻大正15年9月5日雑録故本会理事藤崎三郎助君略歴一記者
307明治聖徳 第26巻大正15年9月5日英文Shotoku-taishi, a Great Educator in Early JapanJi-yen Rikimaru(力丸慈円)
308明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日研究古語拾遺所載御歳神祭祀に見えたる動植物に就いて星野日子四郎
309明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日講演芸術に於ける模倣と創始松本亦太郎
310明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日講演本邦上代の仏教に就て瀧精一
311明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日当主藤崎三郎助君の答辞
312明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日藤崎君と本会の事業加藤玄智
313明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日故人の義侠心槙武
314明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日有趣味なる故人の人格根岸練次郎
315明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日図南鵬翼の大志堀口九萬一
316明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日商利を超越せる真商宮川仁蔵
317明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日故本会理事藤崎三郎助君略歴
318明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日本会弔辞林博太郎
319明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日講演日本上代に於ける宗教的遺物高橋健自
320明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日講演静寛院宮に対する国民の感謝樹下快淳
321明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日講演回教主問題内藤智秀
322明治聖徳 第27巻昭和2年6月5日英文Gedanken Uber das Japanische No-Drama.W.Gundert.(グンデルド)
323明治聖徳 第28巻昭和2年7月23日口絵アイヌの高倉・朝鮮の楼・銅鐸の家形・古鏡の家形・家形陶棺・河辺の杭上家屋・洪水時の杭上家屋・安南人の家屋・シャムの住家と高倉・シャム住家・マニラ市附近の田園と杭上家屋・イロイロ市郊外の住家・マカッサー附近の家屋
324明治聖徳 第28巻昭和2年7月23日研究杭上家屋の研究宮坂次一
325明治聖徳 第28巻昭和2年7月23日研究古語拾遺新註の著者池辺真榛大人の生涯坂本章三
326明治聖徳 第28巻昭和2年7月23日講演日本鳥類の分布に就いて黒田長礼
327明治聖徳 第28巻昭和2年7月23日講演東方仏教の本質及伝統鷲尾順敬
328明治聖徳 第28巻昭和2年7月23日英文Gedanken Uber das Japanische No-Drama.W.Gundert.
329明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日研究池辺真榛大人の名著古語拾遺新註の自序発見加藤玄智
330明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日研究国民的英雄の理想化高木武
331明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日研究マヅダ教の原典に就いて荒木茂
332明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日講演聖徳太子と神道精神土田誠一
333明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日講演謡曲の拍子組織に現われたる国民性山崎静太郎
334明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日講演琉球の祭式舞踊に就いて伊波普猷
335明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日講演大津事件の回顧沼波武夫
336明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日講演社会的生活条件と智能の発達桐原葆見
337明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日講演米国の国家主義と我が国体津田敬武
338明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日講演衛生学上より視たる南米石原喜久太郎
339明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日講演我邦の気候と古代建築物の構造及皇陵川村清一
340明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日講演川村理学博士の講演を聴きて山口鋭之助
341明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日講演余が少年保護事業の過去三年間の回顧と将来の希望橋本勝太郎
342明治聖徳 第29巻昭和3年4月18日英文On Single Verse Poems of the Japanese, Ranging from Seventeen to Thirty-One Syllables, Known as Hokku, Haikai, and Tanka.Charlotte M.Salwey.(サルウェイ)
343明治聖徳 第30巻昭和3年8月10日研究林田守隆翁の生祠加藤玄智
344明治聖徳 第30巻昭和3年8月10日講演大嘗祭の精神佐伯有義
345明治聖徳 第30巻昭和3年8月10日講演水戸義公と其の修史事業深作安文
346明治聖徳 第30巻昭和3年8月10日講演南朝回顧の思想中村孝也
347明治聖徳 第30巻昭和3年8月10日講演明治時代の力河野省三
348明治聖徳 第30巻昭和3年8月10日英文The Great Meiji Tenno.William Eliot Griffis(グリフィス博士)
349明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日研究生祠谷神社の由来加藤玄智
350明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日研究古典文学と近世歌論との関係久松潜一
351明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日研究那智発掘物の仏教文化史的価値石田茂作
352明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日講演大礼に現はれたる国民性八束清貫
353明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日講演川柳と法律岡田朝太郎
354明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日講演社会的児童問題の輪郭倉橋惣三
355明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日講演宗教教育の長短大村桂巌
356明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日講演支那の文献に現はれたる日本山口察常
357明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日講演盲及び聾者の教育と保護の変遷川本宇之介
358明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日講演弁財天の信仰大山公淳
359明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日英文Enthronement Ceremonies.Richard Ponsonby Fane.(ポンソンビ)
360明治聖徳 第31巻昭和4年4月5日英文Mexico and Catholic Church.J.W.T.Mason(メイソン)
361明治聖徳 第32巻昭和4年9月18日研究御巫清直大人と大神宮本記帰正鈔加藤玄智
362明治聖徳 第32巻昭和4年9月18日研究中央亜細亜探検の成果概観石川幹之助
363明治聖徳 第32巻昭和4年9月18日講演伊勢神宮特殊神事江見清風
364明治聖徳 第32巻昭和4年9月18日講演明治天皇御治政の初期藤井甚太郎
365明治聖徳 第32巻昭和4年9月18日講演満州の古今上田恭輔
366明治聖徳 第32巻昭和4年9月18日講演壽府の世界宗教大会に出席して友枝高彦
367明治聖徳 第32巻昭和4年9月18日英文Painters of JapanCharlotte M.Salwey.(サルウェイ夫人)
368明治聖徳 第32巻昭和4年9月18日英文Einige Japanische Brauche in Lichte Vergleichender Volkskunde.Lily Weiser Aall.(オール夫人)
369明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日研究神の自覚に住して自ら生祠を設けた松平楽翁公加藤玄智
370明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日講演東西文化連続の実例西村真次
371明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日講演日本古代文化精神と希臘美術団伊能
372明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日講演朝鮮の教育―特に其芸術教育に就て笹川種郎
373明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日講演産土神制度より古社と後世の勧請社との関係を考ふ太田亮
374明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日講演神社の宗教的価値神崎一作
375明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日講演回教徒の生活及メッカ巡礼に就て田中逸平
376明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日講演神宮式年遷宮に奉仕して星野輝興
377明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日講演伊勢神宮御遷宮祭に供奉して角南隆
378明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日英文Sir Ernest Satow.D.C.Holtom(ホルトム)
379明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日英文Painters of JapanCharlotte M.Salwey.(サルウェイ)
380明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日英文What I Mean by Culture.George V. Blue(ブルー)
381明治聖徳 第33巻昭和5年4月8日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.M.Sakurai(桜井匡)
382明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日研究生祠巡礼加藤玄智
383明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日講演欧米教育の現況林博太郎
384明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日講演古神道に関する一考察黒板勝美
385明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日講演大祓の詞に現れたる祓の思想に就て御巫清勇
386明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日講演日本温浴の史話中桐確太郎
387明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日講演近世に於ける森林経済と林政鳥羽正雄
388明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日講演醍醐天皇と其一千年御遠忌中村直勝
389明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日説林古語拾遺稜威男健を読む本多五陵
390明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日説林敷田年治大人の業績と人物梅田義彦
391明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日英文The Meiji Era and the Emperor of Japan.Ernest W.Clement(クレメント)
392明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日英文The Late Rev. Dr.Bun-yu Nanjio.一記者
393明治聖徳 第34巻昭和5年9月5日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
394明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日研究台湾人固有宗教の特徴 其1増田福太郎
395明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日研究西鶴の描いた金の文学「日本永代蔵」佐藤鶴吉
396明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日研究干支に就いて 其1大沼盾雄
397明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日研究甲州都留郡の人民生前より江戸川坦庵大人を祭祀す加藤玄智
398明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日講演最近支那発見の古人類に就いて松村瞭
399明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日講演八大将軍徳川吉宗公の治績に就て 其1三上参次
400明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日講演教育勅語と現代の教育大瀬甚太郎
401明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日講演余の仏典批判長井真琴
402明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日特別寄書精神立国と武徳の鍛錬本郷房太郎
403明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日英文Songs at a Sacred Isle in the Inland Sea of Japan.Laurence Binyon.(ロレンス・ビニョン)
404明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日英文Synbolism in the Art and Life of the Japanese.Charlotte M.Salwey.(サルウェイ夫人)
405明治聖徳 第35巻昭和6年4月10日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
406明治聖徳 第36巻昭和6年9月5日研究台湾人固有宗教の特徴 其2増田福太郎
407明治聖徳 第36巻昭和6年9月5日研究干支に就いて 其2大沼盾雄
408明治聖徳 第36巻昭和6年9月5日研究岩倉具視公の生祠岩倉神社加藤玄智
409明治聖徳 第36巻昭和6年9月5日講演八代将軍徳川吉宗公の治績に就て 其2三上参次
410明治聖徳 第36巻昭和6年9月5日講演日本庭園の型の発達に就て田村剛
411明治聖徳 第36巻昭和6年9月5日講演釈潮音に対する一面観梅田義彦
412明治聖徳 第36巻昭和6年9月5日講演吉田松陰の研究に就て広瀬豊
413明治聖徳 第36巻昭和6年9月5日講演正徳・利用・厚生鎌田栄吉
414明治聖徳 第36巻昭和6年9月5日英文Kampei Taisha to Sono Gosaijin or the First Class Government Shrines and Their Deities.Richard Ponsonby Fane.(ポンソンビ博士)
415明治聖徳 第36巻昭和6年9月5日英文The Appreciation of Japanese Art in an American Museum.Dorothy Blair.(ブレヤー嬢)
416明治聖徳 第36巻昭和6年9月5日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
417明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日研究御成敗式目に就いて植木直一郎
418明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日研究支那古代の数学三上参次
419明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日講演浮世絵に就いて藤懸静也
420明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日講演神観念の発生に関する古代心理原田敏明
421明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日講演吉川惟足と津軽信政公外崎覚
422明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日講演修験道概観大三輪信哉
423明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日講演日本の刀剣装具に及ぼせる欧羅巴の影響C.B.Boxer.
424明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日講演日本古代の研究に就いてM.Haguenaer.
425明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日雑録日本に於ける生祠設立の年時と其分布加藤玄智
426明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日雑録嗚呼故神宮皇學館教授三上左明学士かげ生
427明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日英文Kampei Taisha to Sono Gosaijin or the First Class Government Shrines and Their Deities.Richard Ponsonby Fane.(ポンソンビ博士)
428明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日英文Incense and Incense-Burners.Charlotte M.Salwey.(サルウェイ夫人)
429明治聖徳 第37巻昭和7年4月1日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
430明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日研究六国史の編修及古写本に就いて佐伯有義
431明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日講演明治天皇と藤波言忠子爵西忠義
432明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日講演生祠義斎明神に就いて富士川遊
433明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日講演蘭学の内容と蘭学者の態度坂沢武雄
434明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日講演古事記神話と創世記A.Wanovsky
435明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日講演紅海沿岸にある国々特にエチオピヤ国に就いて黒木時太郎
436明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日研究神皇正統記に就いて星野日子四郎
437明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日研究太平記の名義と其生成発達変遷の由来高木武
438明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日研究琉球諸島言語の実相宮良当壮
439明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日研究近世の森林経済に於ける上方の特色鳥羽正雄
440明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日研究神と命原田敏明
441明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日研究剣の信仰と八岐大蛇宮坂光次
442明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日講演神の悪魔要素溝口駒造
443明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日講演明治聖徳記念学会の設立を回顧して宮川仁蔵
444明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日講演征夷大将軍の泥中跪拝樹下快淳
445明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日講演東洋の宗教史が西洋学者に投じたる二大謎問加藤玄智
446明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日講演潜める力の尊く現はれたる姿を瞻仰して田中清純
447明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日英文A Song in Cerebration of the Birthday of the Emperor Meiji.Charlotte M.Salwey.(サルウェイ夫人)
448明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日英文Shinto Influence on Japanese Culture.J.W.T.Mason(メーソン)
449明治聖徳 第38巻昭和7年9月10日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
450明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日研究戸隠山修験一実霊宗神道に就いて小林健三
451明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日研究台湾に於ける二三の生祠の実例李添春
452明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日講演心学の本領早野元光
453明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日講演国民道徳史より見たる本居宣長亘野章三郎
454明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日講演我が国美術の変遷を述べて芸術の社会的使命に及ぶ津田敬武
455明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日講演日本宗教の現勢櫻井匡
456明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日講演欧米諸国に於ける明治史料蒐集行脚藤井甚太郎
457明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日講演ファッショと東洋思想の進出五来欣造
458明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日講演上海出動所見稲垣孝照
459明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日講演古語拾遺に於ける掃守の読み方溝口駒造
460明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日講演伊豆三島大社の御祭神に就て石井廣夫
461明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日英文本会二十周年記年記事
462明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日英文Quelpart IslandC.M.Salwey(サルウェイ夫人)
463明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日英文Four Outstanding Feature of ShintoG.Kato(加藤玄智)
464明治聖徳 第39巻昭和8年3月15日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
465明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日図版念仏上人子引歌序
466明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日研究念仏上人子引歌のアイヌ語に就いて金田一京助
467明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日研究本多忠籌公の生祠加藤玄智
468明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日講演明治天皇の御孝心上野竹次郎
469明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日講演明治時代の文学及其後文壇の種々相千葉亀雄
470明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日講演遼の古都を尋ねて鳥居龍蔵
471明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日講演神社の本質阿部国治
472明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日講演日本人の神木崇拝ホルトム
473明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日講演農村問題の重点と其対策笠森伝繁
474明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日特別寄書越中鵜坂の尻打祭柴直矩
475明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日英文Ohoyamato Jinja.R.A.B.Ponsoby Fane.(ポンソンビ)
476明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日英文On the Shinto Festival Jinzai-Sai.Akira Asayama.(浅山皓)
477明治聖徳 第40巻昭和8年9月5日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono
478明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日研究近世仏教神道と日本精神小林健三
479明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日研究神道に於ける自然神の研究 其1佐伯有義
480明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日講演北畠親房の史観平泉澄
481明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日講演万葉集研究の新傾向次田潤
482明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日講演脇能の二三に就いて坂元三郎
483明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日講演日本天台と一実神道の教義田島徳音
484明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日講演世界の動を見て小尾範治
485明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日講演印度緬甸仏蹟旅行所見長井真琴
486明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日講演家理教に就いて宮地久衛
487明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日英文Songs in Cerlebration of the Birth of the Imperial Crown Prince of Japan, C.M.Salwey(サルウィ夫人)
488明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日英文Four Outstanding Feature of ShintoG.Kato(加藤玄智)
489明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日英文My Art Pilgrimage in Europe.D.Blair.(ブレヤ嬢)
490明治聖徳 第41巻昭和9年3月25日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
491明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日研究台湾に於ける最近の大衆爺神前裁判事件増田福太郎
492明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日研究神道に於ける自然神の研究 其2佐伯有義
493明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演明治天皇の聖蹟と御聖徳西郷従道
494明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演建武中興と知識階級特に社寺星野日子四郎
495明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演明治初年の皇道復興と長谷川昭道飯島忠夫
496明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演天満宮崇敬と潜伏吉利支丹藤里好古
497明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演支那に於ける西洋的画風と畊織図中山久四郎
498明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演故星野日子四郎君の浮世絵研究藤懸静也
499明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演星野朝陽先生に就ての追憶大沼盾雄
500明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演友人星野君を憶ふペツオルト
501明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演星野朝陽先生の逝去を悼みて玉置照信
502明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演故星野学士の思ひ出三上参次
503明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演故星野日子四郎君の学風長井真琴
504明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日講演故星野日子四郎君の業績加藤玄智
505明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日英文Influences Hellenistiques dans L'ArtJ.Hackin(アツカン博士)
506明治聖徳 第42巻昭和9年9月15日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
507明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日研究朝鮮の風水信仰金孝敬一
508明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日講演竊視禁止の伝説としての狩野永徳の画ける鶴の絵出口米吉
509明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日講演山鹿素行先生に就いて深作安文
510明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日講演山鹿素行先生の国体観村田英彦
511明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日講演建武中興と神国思想中村孝也
512明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日講演余の奄美大島に視たる宗教宇野円空
513明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日講演音楽より見たる南洋島民の文化田邊尚雄
514明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日鈴木重信撰葦水翁行状の発見と大山為起の生祠加藤玄智
515明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日余の貧児教育二十年古関蔵之助
516明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日英文Nibukawakami―JinjaRichard Ponsonby Fane.(ポンソンビ)
517明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日英文Four Outstanding Feature of ShintoG.Kato(加藤玄智)
518明治聖徳 第43巻昭和10年3月5日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
519明治聖徳 第44巻昭和10年9月25日研究台湾本島人の宗教増田福太郎
520明治聖徳 第44巻昭和10年9月25日講演明治天皇御聖徳の一面須長真彦
521明治聖徳 第44巻昭和10年9月25日講演越前立石浦に於ける酒井忠勝行の生祠加藤玄智
522明治聖徳 第44巻昭和10年9月25日講演チヤンバレン先生の思ひ出岡倉由三郎
523明治聖徳 第44巻昭和10年9月25日旧友チェンバレンの終焉を報ずるボラー秘書の書翰をステワート
524明治聖徳 第44巻昭和10年9月25日英文To Admiral Togo, Japan's Greatest Naval Victor.C.M.Salwey
525明治聖徳 第44巻昭和10年9月25日英文Yasoshima no Matsuri.R.A.B.Ponsoby Fane.(サルウェイ夫人)
526明治聖徳 第44巻昭和10年9月25日英文Tribute to the Late Professor B.H.Chamberlain.C.B.Sansom(サンソム)
527明治聖徳 第44巻昭和10年9月25日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
528明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日研究方言学上より観たる琉球諸島の言語宮良当壮
529明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日研究温泉利用と国民性西川義方
530明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日講演明治以後の美術脇本十九郎
531明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日講演憲法二十八条信教の自由の解釈に就いて安東正臣
532明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日講演駐独感想永井松三
533明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日講演皇帝の側近より眺めたる満州帝国の建国創業石丸志都麿
534明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日講演仙石子、レビ教授、ステワート三君に献ずる哀悼の辞林博太郎
535明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日講演故仙石子爵を追悼す関屋貞三郎
536明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日講演故ステワート君との辱交加藤玄智
537明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日英文The Foundmental Ideas of Kurozumi Munetada and Their Sourecers.C.W.Hepner(ヘプナ)
538明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日英文A Tentative Translation of The Kodokwanki.G.Kato(加藤玄智)
539明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日英文Le Professeur Sylvan Levi.Leon Julliot de le Morandiere(モランヂエール)
540明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日英文A Tribute to The Memory of The Late James Stewart.J.B.Mason(メーソン)
541明治聖徳 第45巻昭和11年3月20日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
542明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日研究一実神道に於ける僧慈遍の学説鎌田良賢一
543明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日研究山鹿素行と貴田元親に就いて木村定三
544明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日講演親しく拝し奉りし明治天皇の御敬神佐伯有義
545明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日講演有栖川宮家と皇室福井久蔵
546明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日講演聖徳太子の三教義疏に就いて花山信勝
547明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日講演極東史上に於ける満州の歴史地理白鳥庫吉
548明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日講演宗教教育答申案に就いて入澤宗壽
549明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日講演葡国の親日詩人モーラエスの人物と作品会田慶佐
550明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日講演ナチス独逸に於ける宗教紛争相原一郎介
551明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日講演ブラジルに於ける日本移民と宗教野田良治
552明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日英文Kodokuwanki.Translated by R.A.B.Ponsonby Fane(ポンソンビ教授)
553明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日英文Kodokuwanki, RevisedG.Kato(加藤玄智)
554明治聖徳 第46巻昭和11年9月25日英文On the Classification of Budhism.Prof, Burno Petzold(ペルオツド教授)
555明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日研究台湾ツオウ族に於ける神霊及びタブーの観念増田福太郎
556明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日研究神社漁業史序説祝宮静
557明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日研究明治政教の真諦中島忠利
558明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日研究太吾上人高井前證師の両生祠加藤玄智
559明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日講演宮号の沿革芝葛盛
560明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日講演仁と慈悲博愛山口察常
561明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日講演熱河遺跡保存の急務伊東忠太
562明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日講演富士山信仰に就いて井野邊茂雄
563明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日大僧都乗因略伝鎌田良賢一
564明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日藤田幽谷筆写琉球神道記福田耕二郎
565明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日講演ボーネル氏序訳神皇正統記巻一を読む伊東謹一郎
566明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日英文A Propos de Tch' E-chouai.M.C.Haguenauer(アグノエル)
567明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日英文Dr.Genchi Kato's Monumental Work on Shinto.Daniel C.Holtom(ホルトム)
568明治聖徳 第47巻昭和12年4月15日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
569明治聖徳 第48巻昭和12年9月30日頌歌明治天皇の聖徳を讃頌しまつりて詠める―財団法人明治聖徳記念学会創立二十五周年に際して―佐伯有義
570明治聖徳 第48巻昭和12年9月30日研究本多忠籌公生祠の由来其郷蔵に就いて黒田源六
571明治聖徳 第48巻昭和12年9月30日講演明治天皇の聖徳に就いて-広島大本営御滞在当時を謹述藤岡継平
572明治聖徳 第48巻昭和12年9月30日講演新に南洋を視察して一条実孝
573明治聖徳 第48巻昭和12年9月30日講演本会二十五年史宮坂光次
574明治聖徳 第48巻昭和12年9月30日英文The Orign of The Establishment of The Kodokwan Traslate into EnglishMinoru Ono(尾野稔)
575明治聖徳 第48巻昭和12年9月30日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
576明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日研究平田篤胤伝の再検討渡辺金造
577明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日研究神社に関する二三の問題岡田包義
578明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日研究初転法輪寺の壁画と南北仏教野生司香雪
579明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日研究マレイの竹取物語宮武正道
580明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日研究本会設立二十五周年記念欧文論纂要旨紹介伊藤謹一郎
581明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日会員本尊美翁追憶講演哀悼の辞林博太郎
582明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日会員本尊美翁追憶講演我れ将に兜を脱がんとす星野輝興
583明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日会員本尊美翁追憶講演本尊美翁の日本研究と其人格加藤玄智
584明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日会員本尊美翁追憶講演本尊美先生性格の一面尾野稔
585明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日会員本尊美翁追憶講演本尊美翁を憶ふ大谷登
586明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日会員本尊美翁追憶講演本尊美翁と王道ベーティ博士
587明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日本会設立二十五周年記事本学会二十五年史補遺宮坂光次
588明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日英文Unu Karakyteriza Trajto Pri La Religieca Spirito De L'Japana Popolo Konsiderita En Intima Ligiteco Kun Giaj Naciaj Institucioj Kaj Ilustrita Per La Sinto-o (Studo Super La Nacia Realigio De L'Japanoj)Genchi Kato(加藤玄智)
589明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日英文Kurozumi Munetada as A Patoriot(ヘプナ博士)
590明治聖徳 第49巻昭和13年5月15日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.小野清一
591明治聖徳 第50巻昭和13年8月15日研究古事記日本書紀及旧事紀の比較研究佐伯有義
592明治聖徳 第50巻昭和13年8月15日研究心学思想の変遷石川謙
593明治聖徳 第50巻昭和13年8月15日研究風土記に就て井上通泰
594明治聖徳 第50巻昭和13年8月15日研究通信史概説三井高陽
595明治聖徳 第50巻昭和13年8月15日研究橘三喜著一宮巡詣記第一巻の全文発見松下松平
596明治聖徳 第50巻昭和13年8月15日研究本会設立二五周年記念邦文論纂要旨紹介溝口駒造
597明治聖徳 第50巻昭和13年8月15日特別寄書メナンカバウ語の文法宮武正道
598明治聖徳 第50巻昭和13年8月15日英文The Brief History of YASUKUNI-JINSHAMomoki Kamo(加茂百樹)
599明治聖徳 第50巻昭和13年8月15日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
600明治聖徳 第50巻昭和13年8月15日英文Dr.Genchi Kato's Monumental Work on Shinto.D.C.Holtom(ホルトム博士)
601明治聖徳 第51巻昭和14年5月25日研究明治川神社の末社伊佐雄社の生祠と其特色加藤玄智
602明治聖徳 第51巻昭和14年5月25日研究橘三喜撰一宮巡詣記巡詣記挿図集松下松平
603明治聖徳 第51巻昭和14年5月25日研究貴田元親の武教全書解説木村定三
604明治聖徳 第51巻昭和14年5月25日講演日本精神と美術藤懸静也
605明治聖徳 第51巻昭和14年5月25日講演鈴木重胤大人の神祇崇敬に就いて樹下快淳
606明治聖徳 第51巻昭和14年5月25日講演回教問題に就いて大久保幸次
607明治聖徳 第51巻昭和14年5月25日書評余の注意を惹ける二名著十八公学人
608明治聖徳 第51巻昭和14年5月25日書評本会編纂の神道書籍目録坪谷水哉
609明治聖徳 第51巻昭和14年5月25日英文Ein Charakteristischer Zug Des Religiosen Geistes Des Japanischen VolkesGenchi Kato(加藤玄智)
610明治聖徳 第51巻昭和14年5月25日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
611明治聖徳 第52巻昭和14年9月10日研究明治天皇御物奉祀の神宝神社加藤玄智
612明治聖徳 第52巻昭和14年9月10日研究明治天皇聖徳遺薫『君の御蔭』(故丸山正彦於広島大本営謹記)に就て渡邊金造
613明治聖徳 第52巻昭和14年9月10日講演孫悟空の示唆と時局池田栄
614明治聖徳 第52巻昭和14年9月10日講演相模愛甲郡のサイトバラヒ武田久吉
615明治聖徳 第52巻昭和14年9月10日講演基督教が東洋伝道史上に遭遇せる難問題前島潔
616明治聖徳 第52巻昭和14年9月10日講演ハミッチェ博士の独訳倭姫命世紀を読む伊藤謹一郎
617明治聖徳 第52巻昭和14年9月10日英文KODOKWANKI Ubersetzt und mit Anmerkungen versehenDr.Horst Hammitzsch(ハミッチュ博士)
618明治聖徳 第52巻昭和14年9月10日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
619明治聖徳 第53巻昭和15年5月20日巻頭頒紀元二千六百年を言寿き奉りて詠める歌并に反歌佐伯有義
620明治聖徳 第53巻昭和15年5月20日論文三重貞亮著、旧事紀訓解の解題松下松平
621明治聖徳 第53巻昭和15年5月20日論文鳥見霊畤と吉野離宮森口奈良吉
622明治聖徳 第53巻昭和15年5月20日論文東北方言の実地調査と音声学上の新発見宮良当壮
623明治聖徳 第53巻昭和15年5月20日論文台湾仏教の本質李添春
624明治聖徳 第53巻昭和15年5月20日論文日本文学に於ける情と理久松潜一
625明治聖徳 第53巻昭和15年5月20日論文本会神道書籍目録に関する角田柳作君の書評を読む 溝口駒造
626明治聖徳 第53巻昭和15年5月20日論文研究評釈坂翁大神宮参詣記を読む徳富蘇峰
627明治聖徳 第53巻昭和15年5月20日英文On The Two Japanese Dances:KUMEMAI and TOKAP.D.Perkins and Keiichi Fujii(パーキンス)
628明治聖徳 第53巻昭和15年5月20日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
629明治聖徳 第54巻昭和15年10月25日論文三重貞亮著、旧事紀訓解の解題(承前)松下松平
630明治聖徳 第54巻昭和15年10月25日論文アルタイ諸語の研究服部四郎
631明治聖徳 第54巻昭和15年10月25日論文過去七仏と古典の神々鏡島寛之
632明治聖徳 第54巻昭和15年10月25日論文聖冏の神道論に就いて嵐瑞澂
633明治聖徳 第54巻昭和15年10月25日論文橘三喜が諸国一宮へ奉納したる中臣祓梅田義彦
634明治聖徳 第54巻昭和15年10月25日講演及書評余の伝承せる明治天皇の御聖徳に就いて澤宣一
635明治聖徳 第54巻昭和15年10月25日講演及書評明治開国以来の思想推移に見る我が国民性皆川治廣
636明治聖徳 第54巻昭和15年10月25日講演及書評六百年前の参宮紀行―加藤博士「坂翁大神宮参詣記」を読む―福田謹四郎
637明治聖徳 第54巻昭和15年10月25日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.M.Izumikawa(泉川通子)
638明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日論考神武道の本質佐藤堅司
639明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日論考歴史地理学の諸問題―支那古地理学の考察―丸茂武重
640明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日論考武家時代文学と日本精神野村八良
641明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日論考台湾に於ける国語の教育安藤正次
642明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日論考儒教の宗教性に就て藤澤親雄
643明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日論考行を中心として観たる儒教山口察常
644明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日論考旧事大成経伝授者長野釆女の伝記に就て嵐瑞澂
645明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日論考北越雪譜の著者に就て問はれて高野正治
646明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日英文The Religious Mentality of The Japanese PeopleGenchi Kato(加藤玄智)
647明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.S.Ono(小野清一)
648明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日英文My Impression in Reading Prof.Sadler's English Translation of The ISE DAIJINGU SANKEIKI or Diary of a Pilgrim of ISEJ.W.T.Mason(メーソン)
649明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日英文Review of The SHINTO SHOSEKI MOKUROKU or Bibiliography of SHINTORyusaku Tsunoda(角田柳作)
650明治聖徳 第55巻昭和16年4月25日英文SHINTO SHOSEKI MOKUROKU Horst Hammitzsch(ハミッチュ博士)
651明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日研究日本書紀撰修について坂本太郎
652明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日研究普門律師の梵暦運動と師の略伝工藤康海
653明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日研究惟神考安津素彦
654明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日研究肥後に於ける加藤清正に対する信仰近藤喜博
655明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日講演明治天皇の聖徳を偲び奉りて恤憐の道を論ず高田真治
656明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日講演教育勅語の御精神と国民の覚悟林博太郎
657明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日特別寄書旧事紀訓解の旧蔵者六人節克の伝記資料松下松平
658明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日特別寄書玉鉾会の展観古語拾遺諸本―昭和十六年六月―佐伯有義
659明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日英文Late J.W.T.MasonNoritake Tsuda(津田敬武)
660明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日英文IN MEMORIAM Jan Bartholomeus SnellenR.H.Van Gulik(ク゛ーリック)
661明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日英文SAKA's Diary of a Pilgrim to ISED.C.Holtom(ホルトム博士)
662明治聖徳 第56巻昭和16年9月25日英文Abstracts of the Articles Translatted from the Japanese into English.M.Izumikawa(泉川通子)
663明治聖徳 第57巻昭和17年5月15日巻頭歌頌佐伯有義
664明治聖徳 第57巻昭和17年5月15日研究倭姫命聖訓「慎莫怠」の含蓄と其成語の由来加藤玄智
665明治聖徳 第57巻昭和17年5月15日研究大国隆正大人の本学思想小豆沢英男
666明治聖徳 第57巻昭和17年5月15日研究出雲玉作湯神社と其御祭神宮坂光次
667明治聖徳 第57巻昭和17年5月15日研究吉見幸和の中世神道観清原宣雄
668明治聖徳 第57巻昭和17年5月15日研究蘭印の回教に就いて宮武正道
669明治聖徳 第57巻昭和17年5月15日研究和蘭の蘭印経営史板沢武雄
670明治聖徳 第57巻昭和17年5月15日研究番匠の祖神に就いて伊東忠太
671明治聖徳 第57巻昭和17年5月15日哀響友人高野正治を弔す寺澤智了
672明治聖徳 第57巻昭和17年5月15日哀響会員伯爵徳川達孝、同陸軍河合操、同子爵坂谷芳郎三閣下及島連太郎大人を輓す加藤玄智
673明治聖徳 第57巻昭和17年5月15日英文Some Notes on the Life and Times of Shotoku, Prince-Regent of JapanAnnie Shepley Omori(大森安仁)
674明治聖徳 第58巻昭和17年8月10日明治天皇の御生祠―信州小沼村高山邸奉安―加藤玄智
675明治聖徳 第58巻昭和17年8月10日維新宏謨の顕揚望月健夫
676明治聖徳 第58巻昭和17年8月10日西行法師の歌集に就いて伊藤嘉夫
677明治聖徳 第58巻昭和17年8月10日支那刑法小史仁井田陞
678明治聖徳 第58巻昭和17年8月10日詩豪としての石川丈山矢板寛
679明治聖徳 第58巻昭和17年8月10日宮古島の地史大塚弥之助
680明治聖徳 第58巻昭和17年8月10日明治天皇の御日常を偲びまつりて―明治節記念講演―奥村拓治
681明治聖徳 第58巻昭和17年8月10日南方踏破の先覚真如法親王の御事蹟考加藤精神
682明治聖徳 第58巻昭和17年8月10日一科学者の見たる日本信仰観佐藤定吉
683明治聖徳 第58巻昭和17年8月10日張鼓峰戦闘の実相尾高亀蔵
684明治聖徳 第59巻昭和18年7月20日研究幕末明初に於ける闢邪思想の展開前島潔
685明治聖徳 第59巻昭和18年7月20日研究誌豪としての石川丈山(承前)板橋寛
686明治聖徳 第59巻昭和18年7月20日講演〔故白鳥故藤崎両理事追憶学術講演第一講〕支那思想と天文学飯島忠夫
687明治聖徳 第59巻昭和18年7月20日講演〔故白鳥故藤崎両理事追憶学術講演第二講〕南方の民族と宗教宇野圓空
688明治聖徳 第59巻昭和18年7月20日講演〔故白鳥故藤崎両理事追憶学術講演第三講〕聖徳太子御撰勝鬘義疏に就いて花山信勝
689明治聖徳 第59巻昭和18年7月20日追憶談〔故白鳥故藤崎両理事追憶談(一)〕本会に対する白鳥藤崎二君の御功績林博太郎
690明治聖徳 第59巻昭和18年7月20日追憶談〔故白鳥故藤崎両理事追憶談(二)〕藤崎の親類として見る故人と史学者白鳥博士内ケ崎作三郎
691明治聖徳 第59巻昭和18年7月20日追憶談〔故白鳥故藤崎両理事追憶談(三)〕藤崎白鳥二理事の人格を仰ぐ加藤玄智
692明治聖徳 第59巻昭和18年7月20日追憶談〔故白鳥故藤崎両理事追憶談(四)〕藤崎白鳥両家を代表しての謝辞白鳥清
693明治聖徳 第60巻昭和18年11月15日伊勢の神宮文庫と勤皇運動荒木田楠千代
694明治聖徳 第60巻昭和18年11月15日神国意識の発展大山公淳
695明治聖徳 第60巻昭和18年11月15日幕末勤皇僧に観る日本精神工藤康海
696明治聖徳 第60巻昭和18年11月15日少年不良の主因―環境か性格か橋本勝太郎
697明治聖徳 第60巻昭和18年11月15日詩豪としての石川丈山(承前完結)矢板寛
698明治聖徳 第60巻昭和18年11月15日明治節御記念講演―明治神宮献詠歌に就いて武島又次郎
699明治聖徳 第60巻昭和18年11月15日満州国勢観中山久四郎
700明治聖徳 第60巻昭和18年11月15日ビルマ事情山田秀蔵
701神道研究 第1輯昭和51年5月21日巻頭写真加藤玄智博士真影
702神道研究 第1輯昭和51年5月21日巻頭写真十年記念講演会(国大講堂)
703神道研究 第1輯昭和51年5月21日巻頭写真生祠研究会の集い
704神道研究 第1輯昭和51年5月21日巻頭言加藤玄智博士の学恩を憶う伊達巽
705神道研究 第1輯昭和51年5月21日講演生祠とは何か安津素彦
706神道研究 第1輯昭和51年5月21日講演加藤玄智博士の学績小林健三
707神道研究 第1輯昭和51年5月21日研究跡部良顕の生祠―鹿嶋大宮司邸内の光海霊社―谷省吾
708神道研究 第1輯昭和51年5月21日追憶加藤玄智先生を偲んで酒井堯
709神道研究 第1輯昭和51年5月21日追憶加藤玄智先生の思い出高山貴
710神道研究 第1輯昭和51年5月21日追憶加藤先生の思い出岡田米夫
711神道研究 第1輯昭和51年5月21日追憶加藤玄智先生の一面梅田義彦
712神道研究 第1輯昭和51年5月21日追憶晩年の学労窟石川軍治
713神道研究 第1輯昭和51年5月21日追憶加藤博士を偲んで森田康之助
714神道研究 第1輯昭和51年5月21日追憶慎莫怠鎌田純一
715神道研究 第1輯昭和51年5月21日記録加藤先生十年祭の記鎌田太一
716神道研究 第1輯昭和51年5月21日附録三條考證神教大意 全 明治六年松下永福
717神道研究 第1輯昭和51年5月21日附録神教三條大意 明治五年国井清廉
718神道研究 第1輯昭和51年5月21日附録三則正辨味酒麹翁
719神道研究 第1輯昭和51年5月21日編集後記小林健三
720神道研究 第2輯昭和52年5月31日研究伊勢神宮相殿神の成立考岡田米夫
721神道研究 第2輯昭和52年5月31日研究神道教学のゆくえ梅田義彦
722神道研究 第2輯昭和52年5月31日研究水戸烈公の生祀と御陰講照沼好文
723神道研究 第2輯昭和52年5月31日論壇戦後三十年小林健三
724神道研究 第2輯昭和52年5月31日天窓学労窟回顧青柳潔
725神道研究 第2輯昭和52年5月31日天窓乃木坂の一夜望月真
726神道研究 第2輯昭和52年5月31日附録三條教則関係資料 中
727神道研究 第2輯昭和52年5月31日名簿加藤玄智記念学会会員名簿
728神道研究 第2輯昭和52年5月31日編集後記小林健三
729神道研究 第3輯昭和53年5月31日書面通じ強烈な影響―日本思想の位置づけ 加藤玄智博士―中村元
730神道研究 第3輯昭和53年5月31日教え子から見た加藤玄智先生の教育者的一側面岸本芳雄
731神道研究 第3輯昭和53年5月31日陶冶理想の視座―その社会化か歴史か―森田康之助
732神道研究 第3輯昭和53年5月31日神道研究の方法―加藤玄智博士の発達史観批判―上田賢治
733神道研究 第3輯昭和53年5月31日官許 教義諺解 巻之二 明治七年渡邊重春
734神道研究 第3輯昭和53年5月31日三則論題訳解 明治六年高木眞蔭
735神道研究 第3輯昭和53年5月31日加藤玄智記念学会会則
736神道研究 第3輯昭和53年5月31日事務局から一年間のご報告秋永勝彦
737神道研究 第3輯昭和53年5月31日加藤玄智博士記念学会決算書
738神道研究 第3輯昭和53年5月31日加藤玄智博士記念学会会員名簿
739神道研究 第3輯昭和53年5月31日編集後記安津素彦
740神道研究 第4輯昭和54年8月31日世界宗教者倫理会議の開催に向って―バチカン宗教会議(ネミ会議)の評価とネミ以後―副島廣之
741神道研究 第4輯昭和54年8月31日イソベ氏の信仰鎌田純一
742神道研究 第4輯昭和54年8月31日東嶽 宮地嶽夫の玄学研究―主著『本朝神仙記伝』を中心として―小林健三
743神道研究 第4輯昭和54年8月31日三條私解 明治六年原馨
744神道研究 第4輯昭和54年8月31日三條述義大賀賢勵
745神道研究 第4輯昭和54年8月31日加藤玄智博士記念学会会則
746神道研究 第4輯昭和54年8月31日加藤玄智記念学会決算書
747神道研究 第4輯昭和54年8月31日加藤玄智記念学会会員名簿
748神道研究 第4輯昭和54年8月31日編集後記安津素彦
749神道研究 第5輯昭和56年3月31日未発表論説外国人の神道研究家としてのポンソンビ博士加藤玄智
750神道研究 第5輯昭和56年3月31日東嶽 宮地嶽夫の玄学研究(第二回)―主著『本朝神仙記伝』を中心として―小林健三
751神道研究 第5輯昭和56年3月31日明治川神社の生祠高木好次
752神道研究 第5輯昭和56年3月31日附録外人の問に答へたる神道 大正元年宮地嶽夫
753神道研究 第5輯昭和56年3月31日附録古き外人の観たる日本国民性 大正十年蜷川新 訳
754神道研究 第5輯昭和56年3月31日編集後記安津素彦
755神道研究 別冊昭和56年3月31日日本上古評論チェンバーレーン・飯田永夫・訳
756神道研究 第6輯昭和57年12月25日天香山と天平瓮近藤喜博
757神道研究 第6輯昭和57年12月25日森有礼の神宮参拝をめぐりて中西正幸
758神道研究 第6輯昭和57年12月25日本教講録 第一輯師岡正胤 編輯
759神道研究 第6輯昭和57年12月25日本教講録 第二輯師岡正胤 編輯
760神道研究 第6輯昭和57年12月25日編集後記安津素彦
761神道研究 第7輯昭和58年5月31日シナイ山からロ―マへ―世界宗教の共同礼拝に参加して―副島廣之
762神道研究 第7輯昭和58年5月31日明治初年の神社改正問題―大小神社取調と神宮御改革―阪本是丸
763神道研究 第7輯昭和58年5月31日加藤玄智先生漢詩集 上神谷俊司 訓註
764神道研究 第7輯昭和58年5月31日編集後記安津素彦
765神道研究 第8輯昭和58年12月31日生祠研究より見たる神仏二教と基督教加藤玄智
766神道研究 第8輯昭和58年12月31日現代神道研究の内外の離合―神道の真友 故ポンソンビ博士―加藤玄智
767神道研究 第8輯昭和58年12月31日加藤玄智先生の学徳を仰ぎまつりて高澤信一郎
768神道研究 第8輯昭和58年12月31日加藤先生安津素彦
769神道研究 第8輯昭和58年12月31日加藤玄智先生の思い出副島廣之
770神道研究 第8輯昭和58年12月31日加藤玄智博士の想い出鎌田純一
771神道研究 第8輯昭和58年12月31日学労窟の遺芳望月真
772神道研究 第8輯昭和58年12月31日加藤先生の学恩を偲んで鎌田太一
773神道研究 第8輯昭和58年12月31日加藤玄智先生のこと上田賢治
774神道研究 第8輯昭和58年12月31日加藤玄智先生の追想石川軍治
775神道研究 第8輯昭和58年12月31日元伊勢両宮但波乃吉佐宮與佐之小見比沼の魚井原宮の研究 吉佐宮篇 上小野祖教
776神道研究 第8輯昭和58年12月31日旧日本軍をめぐる宗教的事象序説大原康男
777神道研究 第8輯昭和58年12月31日加藤玄智漢詩集 下神谷俊司 訓註
778神道研究 第8輯昭和58年12月31日加藤玄智博士略歴
779神道研究 第8輯昭和58年12月31日加藤玄智博士主要著書・論文目録
780神道研究 第8輯昭和58年12月31日編集後記上田賢治
781神道研究 第9輯昭和59年9月30日元伊勢両宮但波乃吉佐宮與佐之小見比沼の魚井原宮の研究 吉佐宮篇 下小野祖教
782神道研究 第9輯昭和59年9月30日大磯旧吉田茂邸内社七賢堂について照沼好文
783神道研究 第9輯昭和59年9月30日宗教事象の「説述」について―研究方法上の一考察―戸田義雄
784神道研究 第9輯昭和59年9月30日編集後記上田賢治
785神道研究 第10輯昭和60年10月30日会沢正志斎の神道論策―特に「江湖負暄」を中心として名越時正
786神道研究 第10輯昭和60年10月30日田中治吾平の鎮魂行法説―神秘的合一への階程―津城寛文
787神道研究 第10輯昭和60年10月30日伊勢神道思想の発展と継承―家行・慈遍・親房・兼倶―高橋美由紀
788神道研究 第10輯昭和60年10月30日神道法学の可能性相原良一
789神道研究 第10輯昭和60年10月30日編集後記上田賢治
790明治聖徳 復刊第1号昭和63年11月5日講演宗教学からみた神道柳川啓一
791明治聖徳 復刊第1号昭和63年11月5日講演明治文化の結実としての『教育勅語』勝部真長
792明治聖徳 復刊第1号昭和63年11月5日論文藤樹學―その展開深化と日本主義―森田康之助
793明治聖徳 復刊第1号昭和63年11月5日論文初詣の実態研究序論―戦後の神社神道の変容の解明に向けて―石井研士
794明治聖徳 復刊第2号平成元年11月10日講演幕末維新期の日本人山口宗之
795明治聖徳 復刊第2号平成元年11月10日講演憲法発布一百年村尾次郎
796明治聖徳 復刊第2号平成元年11月10日史料『神社改正之件』に関する史料の翻刻と解説新田均
797明治聖徳 復刊第2号平成元年11月10日論文大嘗祭の本義をめぐる研究史岡田荘司
798明治聖徳 復刊第3号平成2年10月20日講演鏡をまつる谷省吾
799明治聖徳 復刊第3号平成2年10月20日講演維新の心杉田幸三
800明治聖徳 復刊第3号平成2年10月20日論文「対支新政策」の決定と若杉参謀(三笠宮)の中国派遣柴田紳一
801明治聖徳 復刊第3号平成2年10月20日論文天書の性格について白山芳太郎
802明治聖徳 復刊第3号平成2年10月20日論文仏教徒の教育勅語衍義書について―特に真宗系を中心に―三宅守常
803明治聖徳 復刊第4号平成3年7月30日講演国会開設百年伊藤隆
804明治聖徳 復刊第4号平成3年7月30日講演大嘗の祭り岡田荘司
805明治聖徳 復刊第4号平成3年7月30日論文王位継承と憲法吉川智
806明治聖徳 復刊第4号平成3年7月30日論文倚廬渡御成立過程の基礎的研究渡部眞弓
807明治聖徳 復刊第4号平成3年7月30日論文近世の新嘗祭とその転換阪本是丸
808明治聖徳 復刊第5号平成3年10月19日研究発表儒葬より神葬へ近藤啓吾
809明治聖徳 復刊第5号平成3年10月19日論文大教院の教化基準―教典訓法章程と教書編輯条例を中心に―高橋陽一
810明治聖徳 復刊第5号平成3年10月19日論文今、神の社を守るために茂木栄
811明治聖徳 復刊第5号平成3年10月19日論文伊東静雄『春のいそぎ』考―<公>への促しと<わがいのち>と―永藤武
812明治聖徳 復刊第5号平成3年10月19日論文近代我国の対外行動の原理を論ず中村粲
813明治聖徳 復刊第6号平成4年5月20日講演大東亜戦争からの宿題―近代の超克―長谷川三千子
814明治聖徳 復刊第6号平成4年5月20日講演大津事件と井上毅木野主計
815明治聖徳 復刊第6号平成4年5月20日研究発表昭和聖断の歴史的意義栗原健
816明治聖徳 復刊第6号平成4年5月20日論文「万世一系の天皇」について島善高
817明治聖徳 復刊第6号平成4年5月20日論文安政五年の三社奉幣(上)武田秀章
818明治聖徳 復刊第6号平成4年5月20日論文湾岸戦争に関する国際法的考案―多国籍軍の軍事行動と国際連合憲章―佐藤和男
819明治聖徳 復刊第7号平成4年11月3日研究発表明治御聖徳における日英同盟三木秀雄
820明治聖徳 復刊第7号平成4年11月3日研究発表上杉愼吉の政教関係論新田均
821明治聖徳 復刊第7号平成4年11月3日論文安政五年の三社奉幣(下)武田秀章
822明治聖徳 復刊第7号平成4年11月3日論文『熱田大宮司千秋家譜』について藤本元啓
823明治聖徳 復刊第8号平成5年7月30日講演明治天皇の巡幸村尾次郎
824明治聖徳 復刊第8号平成5年7月30日論文御巫清直の神宮観―特に神朝延論を中心として―吉川竜実
825明治聖徳 復刊第8号平成5年7月30日論文広瀬淡窓・広瀬旭荘と洋学 序論三澤勝己
826明治聖徳 復刊第8号平成5年7月30日論文萬葉集にみる十二支久野ちはや
827明治聖徳 復刊第8号平成5年7月30日論文日本書紀『訓注』論西宮一民
828明治聖徳 復刊第9号平成5年8月15日講演明治改暦と日本の近代化岡田芳朗
829明治聖徳 復刊第9号平成5年8月15日研究発表近代的自由刑の成立と展開―熊本藩徒刑と幕府人足寄場―高塩博
830明治聖徳 復刊第9号平成5年8月15日研究発表遷宮史中西正幸
831明治聖徳 復刊第9号平成5年8月15日論文漢代皇帝の喪葬儀礼の変遷渡部眞弓
832明治聖徳 復刊第10号平成5年12月15日論文鎌倉期の神宮と伊勢神道平泉隆房
833明治聖徳 復刊第10号平成5年12月15日論文『式日式月式年』史料考牟禮仁
834明治聖徳 復刊第10号平成5年12月15日論文近世地方神職と和歌―『巨勢總祉千首』の一考察中澤伸弘
835明治聖徳 復刊第10号平成5年12月15日論文明治心学と宗教行政―附、史料『心学社中教導職拝命一覧』―三宅守常
836明治聖徳 復刊第11号平成6年4月15日講演明治のキリスト者大濱徹也
837明治聖徳 復刊第11号平成6年4月15日論文神宮の古殿地―その歴史哲学的考察森田康之助
838明治聖徳 復刊第11号平成6年4月15日論文古典に現はれた神武天皇即位記事をめぐって高森明勅
839明治聖徳 復刊第11号平成6年4月15日論文明治神宮聖徳記念絵画館について林洋子
840明治聖徳 復刊第12号平成6年8月15日研究発表斯ノ道―詔勅・皇国史朝倉直文
841明治聖徳 復刊第12号平成6年8月15日論文『大帝国論』の一考察松浦光修
842明治聖徳 復刊第12号平成6年8月15日論文ルドルフ・オットーのヌミノーゼ概念―本居宣長の神の定義との比較―中野裕三
843明治聖徳 復刊第12号平成6年8月15日論文七五三に見る通過儀礼の変容石井研士 
844明治聖徳 復刊第13号平成6年12月15日論文江戸・東京の寺子屋・家塾について関山邦宏
845明治聖徳 復刊第13号平成6年12月15日論文生命科学をめぐる諸問題について井澤正裕
846明治聖徳 復刊第13号平成6年12月15日論文明治初期の『神社』調べ櫻井治男
847明治聖徳 復刊第13号平成6年12月15日論文函館神道事務分局の組織と人物秋元信英
848明治聖徳 復刊第14号平成7年4月15日講演式年遷宮を終えて鎌田純一
849明治聖徳 復刊第14号平成7年4月15日論文日清戦争以後百年中村粲
850明治聖徳 復刊第14号平成7年4月15日論文加藤玄智論試稿田丸徳善
851明治聖徳 復刊第14号平成7年4月15日論文律令制下に於ける中臣氏の存在形態岩崎欽司
852明治聖徳 復刊第15号平成7年8月15日論文大日本帝國憲法と統帥權―或る知的傳統の斷絶について―小堀桂一郎
853明治聖徳 復刊第15号平成7年8月15日論文三上参次の進講と昭和天皇―明治天皇の聖徳をめぐって―高橋勝浩
854明治聖徳 復刊第15号平成7年8月15日論文伊勢神宮の防衛―幕末から大東亜戦争まで―原剛
855明治聖徳 復刊第15号平成7年8月15日論文英国国王の憲法上の地位と権能―君主制維持の可能性を問う―吉川智
856明治聖徳 復刊第15号平成7年8月15日史料『三條教則』関係資料(一)三宅守常
857明治聖徳 復刊第16号平成7年12月15日論文大嘗祭関連訴訟判決をめぐって百地章
858明治聖徳 復刊第16号平成7年12月15日論文杉浦重剛と倫理―『尊王』と『至誠』で貫かれた生涯―打越孝明
859明治聖徳 復刊第16号平成7年12月15日論文宮中鎮魂祭の変容―平安期以降の歴史的変遷―渡辺勝義
860明治聖徳 復刊第16号平成7年12月15日論文加藤玄智の宗教学的神道学の形成」島薗進
861明治聖徳 復刊第16号平成7年12月15日史料「三條教則」関係資料(二)三宅守常
862明治聖徳 復刊第17号平成8年4月15日講演大日本帝国憲法と日本国憲法小田村四郎
863明治聖徳 復刊第17号平成8年4月15日論文橘曙覧の国学と和歌足立尚計
864明治聖徳 復刊第17号平成8年4月15日論文明治神宮の鎮座地選定について大丸真美
865明治聖徳 復刊第17号平成8年4月15日史料「三條教則」関係資料(三)三宅守常
866明治聖徳 復刊第18号平成8年8月15日講演レーリンク・オランダ代表判事の東京裁判批判佐藤和男
867明治聖徳 復刊第18号平成8年8月15日論文地方藩政における伊勢御師の役割―肥前大村藩・宮後三頭大夫の場合―久田松和則
868明治聖徳 復刊第18号平成8年8月15日論文近代の神宮式年遷宮と御巫清直八幡崇経
869明治聖徳 復刊第18号平成8年8月15日史料「三条教則」関係資料(四)三宅守常
870明治聖徳 復刊第19号平成8年12月15日研究発表昭和天皇と近衛文麿庄司潤一郎
871明治聖徳 復刊第19号平成8年12月15日論文ポンソンビ博士と『英訳弘道館記』照沼好文
872明治聖徳 復刊第19号平成8年12月15日論文神道と樹木矢野高陽
873明治聖徳 復刊第19号平成8年12月15日史料「三条教則」関係資料(五)三宅守常
874明治聖徳 復刊第20号平成9年4月15日講演日本国憲法の五十年―その過去・現在そしてこれから―西修
875明治聖徳 復刊第20号平成9年4月15日講演美術史上の「記念碑的繪畫」の位置小堀桂一郎
876明治聖徳 復刊第20号平成9年4月15日論文近代憲法における人間像について八木秀次
877明治聖徳 復刊第20号平成9年4月15日史料「三条教則」関係資料(六)三宅守常
878明治聖徳 復刊第21号平成9年8月15日研究発表明治天皇の伊勢行幸―明治二年の御参拝次第を中心として―吉川竜実
879明治聖徳 復刊第21号平成9年8月15日論文神社祭祀における童子女―上賀茂社忌子についての一考察森本ちづる
880明治聖徳 復刊第21号平成9年8月15日史料「三条教則」関係史料(七)三宅守常
881明治聖徳 復刊第22号平成9年12月15日論文明治諸陵寮設置の一考察武田秀章
882明治聖徳 復刊第22号平成9年12月15日論文明治初期における天之御中主神論佐々木聖使
883明治聖徳 復刊第22号平成9年12月15日論文実類と中世神話平沢卓也
884明治聖徳 復刊第22号平成9年12月15日史料「三条教則」関係資料(八)三宅守常
885明治聖徳 復刊第23号平成10年4月15日講演明治天皇の御真影を描いたE・キヨソーネの生涯山口康助
886明治聖徳 復刊第23号平成10年4月15日講演江戸時代の徒刑制度―自由刑の誕生とその系譜―高塩博
887明治聖徳 復刊第23号平成10年4月15日論文明治期の倫理的唱歌の成立―忘れられた教育勅語唱歌―雨宮久美
888明治聖徳 復刊第23号平成10年4月15日論文葦津珍彦の『国体』意識についての一考察山西逸朗
889明治聖徳 復刊第23号平成10年4月15日史料「三条教則」関係資料(九)三宅守常
890明治聖徳 復刊第24号平成10年8月15日論文顕幽の相関相即とその接点―日本文化の現象学的試論―森田康之助
891明治聖徳 復刊第24号平成10年8月15日論文家庭祭祀の変遷にみる神と祖霊の関係宮澤佳廣
892明治聖徳 復刊第24号平成10年8月15日論文伊達千広の歌論・神観・歴史観佐藤一伯
893明治聖徳 復刊第24号平成10年8月15日論文神宮奉幣使に関する一考察福島神人
894明治聖徳 復刊第24号平成10年8月15日史料「三条教則」関係資料(十)三宅守常
895明治聖徳 復刊第25号平成10年12月15日研究発表明治宮廷肖像画家 キヨッソーネとウゴリーニリア・ベレッタ
896明治聖徳 復刊第25号平成10年12月15日論文明治天皇崩御と御製(上)打越孝明
897明治聖徳 復刊第25号平成10年12月15日論文宇都宮藩による山陵御修補事業の実態阿部邦男
898明治聖徳 復刊第25号平成10年12月15日論文神宮の八座置神事について草間孝廣
899明治聖徳 復刊第25号平成10年12月15日史料「三条教則」関係資料(十一)三宅守常
900明治聖徳 復刊第26号平成11年4月15日講演MEIJI―世界かく震撼せり―竹本忠雄
901明治聖徳 復刊第26号平成11年4月15日講演明治のこころ―その精神的出発点―三宅守常
902明治聖徳 復刊第26号平成11年4月15日論文「朝鮮神社」創建計画と初期総督府政菅浩二
903明治聖徳 復刊第26号平成11年4月15日論文明治天皇崩御と御製(下)打越孝明
904明治聖徳 復刊第27号平成11年8月15日論文中世伊勢神宮史の諸問題平泉隆房
905明治聖徳 復刊第27号平成11年8月15日研究ノート久延毘古神をめぐって鎌田純一
906明治聖徳 復刊第27号平成11年8月15日史料「三条教則」関係資料(十二)三宅守常 
907明治聖徳 復刊第28号平成11年12月15日研究発表明治日本と赤十字吹浦忠正
908明治聖徳 復刊第28号平成11年12月15日論文織田萬における政教関係類型論の変化について新田均
909明治聖徳 復刊第28号平成11年12月15日論文箕作麟祥とフランス法学小笠原幹夫
910明治聖徳 復刊第28号平成11年12月15日論文末松謙澄の英国帝室諸礼調査について堀口修
911明治聖徳 復刊第28号平成11年12月15日史料「三条教則」関係資料(十三)三宅守常
912明治聖徳 復刊第29号平成12年4月15日講演明治を思う時野谷滋
913明治聖徳 復刊第29号平成12年4月15日講演明治憲法の現代的意義大原康男
914明治聖徳 復刊第29号平成12年4月15日論文明治九年、三条実美の北海道・東北巡視秋元信英
915明治聖徳 復刊第29号平成12年4月15日史料「三条教則」関係資料(十四)三宅守常
916明治聖徳 復刊第30号平成12年8月15日研究発表神前結婚の歴史と課題平井直房
917明治聖徳 復刊第30号平成12年8月15日論文憲法の性格―英米日の場合―久保憲一
918明治聖徳 復刊第30号平成12年8月15日論文日本文化と感性教育高橋史朗
919明治聖徳 復刊第30号平成12年8月15日史料「三条教則」関係資料(十五)三宅守常
920明治聖徳 復刊第31号平成12年12月15日論文「明治の精神」―その崩潰の後に来たもの―小堀桂一郎
921明治聖徳 復刊第31号平成12年12月15日論文「日本は神の国」首相発言問題の課題上田賢治
922明治聖徳 復刊第31号平成12年12月15日論文近世祠職の思想的活動―祇園社を例として―松本丘
923明治聖徳 復刊第31号平成12年12月15日史料「三條教則」関係資料(十六)三宅守常
924明治聖徳 復刊第32号平成13年4月15日講演教育勅語―その背景と特質―坂本多加雄
925明治聖徳 復刊第32号平成13年4月15日講演明治神宮鎮座八十年を寿ぎて中西正幸
926明治聖徳 復刊第32号平成13年4月15日論文明治神宮の建築(上)藤岡洋保
927明治聖徳 復刊第32号平成13年4月15日史料「三條教則」関係資料(十七)三宅守常
928明治聖徳 復刊第33号平成14年8月15日論文「実学」とは日本学―三つの開化を通して(一)藤原暹
929明治聖徳 復刊第33号平成14年8月15日論文明治神宮の建築(下)藤岡洋保
930明治聖徳 復刊第33号平成14年8月15日論文天地開闢と神明の顕現―記紀別天神伝承の神学―上田賢治
931明治聖徳 復刊第33号平成14年8月15日史料「三條教則」関係資料(十八)三宅守常
932明治聖徳 復刊第34号平成13年12月15日研究発表神宮宮域林の環境林としての施業木村政生
933明治聖徳 復刊第34号平成13年12月15日論文「実学」とは日本学―三つの開化を通して―(二)藤原暹
934明治聖徳 復刊第34号平成13年12月15日論文戦時下神道界の一様相―従軍神職と英霊公葬運動を中心として―長友安隆
935明治聖徳 復刊第34号平成13年12月15日史料「三條教則」関係資料(十九)三宅守常
936明治聖徳 復刊第35号平成14年6月1日講演日本の内と外伊藤隆
937明治聖徳 復刊第35号平成14年6月1日講演政治指導者としての東條英機波多野澄雄
938明治聖徳 復刊第35号平成14年6月1日論文本居宣長の「神の道」論西岡和彦
939明治聖徳 復刊第35号平成14年6月1日論文国家神道における「神」観の成立佐々木聖使
940明治聖徳 復刊第35号平成14年6月1日論文松前における伊勢御師の活動草間孝廣
941明治聖徳 復刊第35号平成14年6月1日史料「三条教則」関係資料(二十)三宅守常
942明治聖徳 復刊第36号平成14年12月1日論文メディアの中の明治神宮石井研士
943明治聖徳 復刊第36号平成14年12月1日論文『古事記』神話の一管見武田秀章
944明治聖徳 復刊第36号平成14年12月1日論文島薗進「国家神道」論の吟味(一)新田均
945明治聖徳 復刊第36号平成14年12月1日論文「台湾の総鎮守」御祭神としての能久親王と開拓三神菅浩二
946明治聖徳 復刊第36号平成14年12月1日史料「三條教則」関係資料(二十一)三宅守常
947明治聖徳 復刊第37号平成15年6月1日論文現代日本における儀礼文化の持続と変容の理解に向けて石井研士
948明治聖徳 復刊第37号平成15年6月1日論文近代化と地域度―茨城県龍ヶ崎市の産育儀礼をめぐって―佐々木美智子
949明治聖徳 復刊第37号平成15年6月1日論文<性>の通過儀礼―現代の「成人式」―井桁碧
950明治聖徳 復刊第37号平成15年6月1日論文婚姻儀礼の変遷と現代八木透
951明治聖徳 復刊第37号平成15年6月1日論文見取りと臨終の民俗―石川県吉野谷村の事例から―板橋春夫
952明治聖徳 復刊第37号平成15年6月1日論文島薗進「国家神道」論の吟味(二)新田均
953明治聖徳 復刊第37号平成15年6月1日史料「三條教則」関係資料(二十二)三宅守常
954明治聖徳 復刊第38号平成15年12月1日論文『顕生魂』説の原由―橘守部の神学―中野裕三
955明治聖徳 復刊第38号平成15年12月1日論文『神道雑々集』研究序説新井大祐
956明治聖徳 復刊第38号平成15年12月1日論文アーネスト・サトウの神道観中西正史
957明治聖徳 復刊第38号平成15年12月1日講演明治という時代―江戸の悲願と明治政府―水谷三公
958明治聖徳 復刊第38号平成15年12月1日史料「三條教則」関係資料(二十三)三宅守常
959明治聖徳 復刊第39号平成16年6月1日講演日本のアングロ・アメリカン外交岡崎久彦
960明治聖徳 復刊第39号平成16年6月1日論文戦後における神前結婚式の隆盛と儀礼の交代石井研士
961明治聖徳 復刊第39号平成16年6月1日論文島薗進「国家神道」論の吟味(三)新田均
962明治聖徳 復刊第39号平成16年6月1日論文明治天皇「聖徳録」の誕生佐藤一伯
963明治聖徳 復刊第39号平成16年6月1日講演美貌の皇后の御歌と御姿小堀桂一郎
964明治聖徳 復刊第39号平成16年6月1日史料「三條教則」関係資料(二十四)三宅守常
965明治聖徳 復刊第40号平成16年12月1日論文鈴木重胤と神祇祭祀―神学確立過程に関する一考察―中野裕三
966明治聖徳 復刊第40号平成16年12月1日論文国学の天体論と神代―中庸・篤胤の論とそれにかかわる論争を焦点として―遠藤潤
967明治聖徳 復刊第40号平成16年12月1日論文幕末期における大祓と国学者―六人部是香を中心に―星野光樹
968明治聖徳 復刊第40号平成16年12月1日論文大国隆正の学風について―「孝」による世界観と実学的傾向の一考察―中村聡
969明治聖徳 復刊第40号平成16年12月1日論文明治国家形成と近代的国学構想―古典講習科の展開・終焉と國學院の設立―藤田大誠
970明治聖徳 復刊第40号平成16年12月1日論文近代神道学者の国学観松本久史
971明治聖徳 復刊第40号平成16年12月1日研究ノート門脇重綾の『神国考』について武田秀章
972明治聖徳 復刊第40号平成16年12月1日史料「三條教則」関係資料(二十五) 雑誌の部(一)三宅守常
973明治聖徳 復刊第41号平成17年6月1日講演近代皇室制度の形成 -副島種臣を手がかりとして-島善高
974明治聖徳 復刊第41号平成17年6月1日講演神仏分離・廃仏毀釈の背景について阪本是丸
975明治聖徳 復刊第41号平成17年6月1日論文明治における物の価値と蜷川式胤鈴木廣之
976明治聖徳 復刊第41号平成17年6月1日論文来日外国人のみた日露戦争 ―ラフカディオ・ハーンと戦時下の日本―小泉凡
977明治聖徳 復刊第41号平成17年6月1日論文近現代の皇室経済制度に関する諸問題川田敬一
978明治聖徳 復刊第41号平成17年6月1日史料「三条教則」 関係資料 (二十六) 雑誌の部 (二)三宅守常 解題
979明治聖徳 復刊第42号平成17年12月1日講演日露戦争と明治人の気概入江 隆則
980明治聖徳 復刊第42号平成17年12月1日論文日露戦争における本土防衛原 剛
981明治聖徳 復刊第42号平成17年12月1日論文日露戦争とその後の日本美術界 ―パリ留学と大陸進出と―林 洋子
982明治聖徳 復刊第42号平成17年12月1日論文吉田熊次教育学の成立と教育勅語高橋 陽一
983明治聖徳 復刊第42号平成17年12月1日論文金子彌平 ―ある「明治人」の軌跡―金子 宗德
984明治聖徳 復刊第42号平成17年12月1日論文葦津耕次郎の政治観西矢 貴文
985明治聖徳 復刊第42号平成17年12月1日論文明治後期の天皇・皇后像に関する一考察佐藤 一伯
986明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日ごあいさつ加藤玄智博士逝去四十年に本会功労者を偲ぶ外山勝志
987明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日巻頭言特集「近現代の神道・日本文化に寄せて」安蘇谷正彦
988明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文神道の根據 ―homo religiosusの擁護と再生のために―小堀桂一郎
989明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文近現代の家族と神社森岡清美
990明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文近現代の山岳宗教と修験道 ―神仏分離令と神道指令への対応を中心に―宮家 準
991明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文キリスト者にみる日本への目―矢内原忠雄を場として―大濱徹也
992明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文ソウル・南山の神域化 ―植民都市と神社境内―青井哲人
993明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文神前結婚式にみる「家」の変貌と個人の創出石井研士
994明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文神道と国家神道・試論 ―成立への問いと歴史的展望―島薗 進
995明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文近代の文化財保護と考古学時枝 務
996明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文近代の神社建築藤岡洋保
997明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文明治初年の神仏判然令と近代神道の創出ジョン・ブリーン
998明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文「明治天皇紀」編修と近現代の歴史学堀口 修
999明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文近現代における「カミ」 ―生活・生命主義との連関―藤原 暹
1000明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文禊教独立前史 ―教祖直門坂田鐵安の活動―荻原 稔
1001明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文幕末の国学者 物集高世奥田恵瑞・秀
1002明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文伊東忠太の明治神宮社殿構想 ―神社建築観の推移―大丸真美
1003明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文昭和十年代文教政策に於ける神祇問題 ―神祇府構想と神社制度研究会を中心として―長友安隆
1004明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文事業家としての葦津耕次郎西矢貴文
1005明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文大正・昭和戦前期における祭政一致観の相克 ―八神殿奉斎問題をめぐって―藤田大誠
1006明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日論文明治聖德記念學會と加藤玄智 ―學會創立前後を中心として―宮本誉士
1007明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日研究ノート軍人が祀られている神社原 剛
1008明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日資料近代の神社建築に関する一事例 ―神田神社社殿再建経緯と『神田神社再建工事概要』翻刻を通して―岸川雅範
1009明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日誌上講演「神社のいる近代史」の試み山口輝臣
1010明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日随想特別展「神々と出逢う―神奈川の神道美術―」を終えて吉田茂穂
1011明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日随想明治神宮の杜の姿沖沢幸二
1012明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日書評松本久史著『荷田春満の国学と神道史』中野裕三
1013明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日書評小川原正道著『大教院の研究―明治初期宗教行政の展開と挫折―』戸浪裕之
1014明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日紹介石井研士『日本人の一年と一生』ほか9冊企画・編集委員会
1015明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日翻刻埋木廼花(高崎正風編)企画・編集委員会
1016明治聖徳 復刊第43号平成18年11月3日あとがき神道・日本文化研究の新しい地平へ阪本是丸
1017明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日巻頭言特集号寄せて伴五十嗣郎
1018明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文神道の生死観と神道古典安蘇谷正彦
1019明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文鎮魂の伝統と現代 ―ひとの霊魂を祀る風儀との関連に配慮しつつ―高森明勅
1020明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文たまのゆくへ ―國學者の考へた死後の世界―中澤伸弘
1021明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文江戸時代における天皇の葬法野村 玄
1022明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文近世大名家〈祖神〉考 ―先祖信仰の政治化―高野信治
1023明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文靖國信仰に見る日本人の靈魂觀小堀桂一郎
1024明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文近代日本と戦死者祭祀今井昭彦
1025明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文近代日本における「怨親平等」観の系譜藤田大誠
1026明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文政党政治家胎中楠右衛門と二つの憲政碑―憲政功労者の慰霊と政党政治の再生への試み―高橋 勝浩
1027明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文折口信夫の霊魂論覚書小川直之
1028明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文近代日本の仏教における死者論 ―上原専禄を中心に―末木文美士
1029明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文日本人の死のかたち―死者と共にある暮らし―波平恵美子
1030明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文民俗学からみる慰霊と追悼新谷尚紀
1031明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文現代日本人の魂のゆくへ石井研士
1032明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文死者の幻影 ―民俗信仰と心霊研究の間―津城寛文
1033明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文靖國神社みたま祭の成立と発展所 功
1034明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文日本的霊性とキリスト教芦名定道
1035明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文キリスト教美術に見る霊魂観 ―古代地中海世界からキリスト教中世へ―小池寿子
1036明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文国際法上の最重大個人犯罪と国際刑事裁判所佐藤和男
1037明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文ポンソンビ博士の神道研究 ―とくに御神魂の理解について―照沼好文
1038明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日論文西洋人の神道発見 ―富士山におぼえる畏敬の念について―平川祐弘
1039明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日シンポジウム日本人の霊魂観と慰霊新田均・武田秀章・中山郁・阪本是丸
1040明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日シンポジウム陰陽道と神道 ―歴史的視点から見た―林 淳・弓山達也・加瀬直弥・岡田莊司
1041明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日誌上講演暦から読み解く日本人の心岡田芳朗
1042明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日研究ノート霊-魂と現存在-実存田邉建治郎
1043明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日随想神道津和野教学と現代加藤隆久
1044明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日随想乃木將軍が經験した出會ひ髙山 亨
1045明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日随想学徒慰霊碑余話益井邦夫
1046明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日書評本康宏史著『軍都の慰霊空間―国民統合と戦死者たち―』菅 浩二
1047明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日書評今井昭彦著『近代日本と戦死者祭祀』草間孝廣
1048明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日書評矢野敬一著『慰霊・追悼・顕彰の近代』高原光啓
1049明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日書評平泉隆房著『中世伊勢神宮史の研究』小野善一郎
1050明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日書評阪本是丸編『国家神道再考―祭政一致国家の形成と展開―』佐藤一伯
1051明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日紹介国際宗教研究所編『新しい追悼施設は必要か』ほか9冊企画・編集委員会
1052明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日翻刻明治孝節録 巻一・巻二(近藤芳樹著)宮本誉士
1053明治聖徳 復刊第44号平成19年11月3日あとがきあとがき石井研士
1054明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日巻頭言特集号に寄せて―明治維新百四十年・本会発足二十年に思う―鎌田純一
1055明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文維新と傳統―兩概念の相互關係及びその綜合―小堀桂一郎
1056明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文古風長歌の復興とその凋落中澤伸弘
1057明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文維新期「宮中三殿」成立史の一考察―毎朝御拝「石灰壇」祭祀の終焉として―石野浩司
1058明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文夜明け前の御嶽山―御嶽神社と明治維新―中山 郁
1059明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文山陵修補事業にみる維新と伝統―蒲生君平の谷森善臣に対する影響を含めて―阿部邦男
1060明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文明治天皇の御修学近藤啓吾
1061明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文新渡戸稲造における維新と伝統―日本論・神道論を手がかりに―佐藤一伯
1062明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文伊東忠太と「日本建築」保存清水重敦
1063明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文「明治天皇紀」編修をめぐる宮内省臨時編修j局総裁人事問題と末松謙澄堀口 修
1064明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文柳田國男の神道研究茂木 栄
1065明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文入澤宗壽の神道教育―神道教育の類例化への試み―中道豪一
1066明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文「禊教本院」の展開荻原 稔
1067明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日論文明治神宮の復興大丸真美
1068明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日シンポジウム維新と伝統―近代日本の〈宗教〉―島薗進・山口輝臣・菅浩二・武田秀章
1069明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日講演近代の国民教化と三条教則―『三条教則衍義書資料集』(全二巻)刊行に寄せて―三宅守常
1070明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日講演福沢諭吉における維新と伝統小川原正道
1071明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日資料近代における祭神・由緒の考証に関する一事例―大崎昌庸『神田神社由来 全』の史料紹介を通して―岸川雅範
1072明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日研究ノート平田篤胤の医学哲学市川 修
1073明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日随想明治を開いた人々を作り上げたもの船橋晴雄
1074明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日随想花くはし・・・―明治天皇御製と義烈二公の遺勲―照沼好文
1075明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日随想維新からのよき伝統―明治天皇幸手行在所と埼玉県への地方巡幸今昔―大熊晋一
1076明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日随想明治天皇と東郷平八郎―日本海海戦前夜のエピソード―嶋田耕一
1077明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日随想尊王の心情研究―三島由紀夫の「英霊の声」と葦津珍彦の怨霊鎮めの評―稲葉 稔
1078明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日書評高木博志著『近代天皇制と古都』藤田大誠
1079明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日書評安丸良夫著『文明化の経験―近代転換期の日本―』宮本誉士
1080明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日書評阪本是丸著『近世・近代神道論考』西岡和彦
1081明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日書評藤田大誠著『近代国学の研究』遠藤 潤
1082明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日書評遠藤潤著『平田国学と近世社会』中川和明
1083明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日紹介松尾正人『木戸孝允』ほか11冊企画・編集委員会
1084明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日翻刻明治孝節録 巻三・巻四(近藤芳樹著)宮本誉士
1085明治聖徳 復刊第45号平成20年11月3日あとがき「維新」と「伝統」をめぐって松本久史
1086明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日巻頭言明治憲法発布百二十年に思う伊藤 隆
1087明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文慣例法の生成過程―「關東御成敗式目」の劃期的意義―小堀桂一郎
1088明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文伊藤博文と明治憲法―憲法制定におけるドイツ人の寄与―堅田 剛
1089明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文明治初年代における天皇と神宮中西正幸
1090明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文文明・立憲制・国民政治―伊藤博文の政治思想―瀧井一博
1091明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文遺失物法と文化財保護時枝 務
1092明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文「元始祭」並びに「紀元節祭」創始の思想的源流と二祭処遇の変遷について大岡 弘
1093明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文律令法における皇位継承―女帝規定の解釈をめぐって―宮部香織
1094明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文明治期「村の鎮守」の植生と地域社会―東京都多摩市域の地域史料をてがかりに―畦上直樹
1095明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文京都御所から明治宮殿へ―継承された「剣璽之間」の来歴―石野浩司
1096明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文東京奠都と神田祭―明治初年の神田祭の変遷を素描する―岸川雅範
1097明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文御歌所長高崎正風の教育勅語実践運動―彰善會と一德會―宮本誉士
1098明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文徳川時代中期の衣紋道高倉家の門人の一考察―『御門弟名籍』をめぐつて―中澤伸弘
1099明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文宮本重胤「婦人神職任用論」に関する小考小林晃枝
1100明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日論文小林健三の神道論についての考察―昭和三〇年代を中心に―中道豪一
1101明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日シンポジウム日本の法制度と神道文化岡田莊司・阪本是丸・牟禮仁・武田秀章
1102明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日講演井上毅における伝統と近代―「シラス」論を中心に―齊藤智朗
1103明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日史料紹介「明治三十七年二月~八月 聨合艦隊司令長官東郷平八郎日記」について堀口 修
1104明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日史料紹介本多辰次郎『北支満鮮旅行記』高橋勝浩
1105明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日史料紹介明治神宮所蔵「加藤玄智博士生祠研究資料」―紹介と若干の考察―佐藤一伯
1106明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日随想鶴牧版『史記評林』に想ふ―『明治天皇の御修学』補遺―近藤啓吾
1107明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日随想近現代の憲法と政教関係百地 章
1108明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日随想私の東京と古社名刹大熊晋一
1109明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日書評松本丘著『垂加神道の人々と日本書紀』高橋美由紀
1110明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日紹介國學院大學日本文化研究所編『法文化のなかの創造性』ほか7冊企画・編集委員会
1111明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日翻刻硯海の一勺・扇のことば(福羽美静述)中村聡
1112明治聖徳 復刊第46号平成21年11月3日あとがき「日本の法制度・法文化」と「東京奠都百四十年」武田秀章
1113明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日巻頭言教育勅語の御渙発百二十年を記念して阪本是丸
1114明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文聖喩記より拜す大御心鎌田純一
1115明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文教育に於ける道德と宗教―二者の辨別は必須にして且つ可能なるか―小堀桂一郎
1116明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文東宮「倫理」担当杉浦重剛の「教育勅語」御進講所功
1117明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文教育勅語の徳目「忠孝」をめぐる教育史的流布説の再考察長江弘晃
1118明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文キリスト者唯一の教育勅語衍義書三宅守常
1119明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文日本教育史学の成立と国学―日本教育史略、文芸類纂、古事類苑、日本教育史の関係―高橋陽一
1120明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文昭和初期文部省思想行政と神道界長友安隆
1121明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文国民学校における「敬神崇祖」教育―教育審議会の解釈に着目して―井上兼一
1122明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文教育基本法と教育勅語―教育学界の動きと連動して―杉原誠四郎
1123明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文教育問題と神社神道の立場―「『神道指令』症候群」の脱却に向けて―鈴木斎彦
1124明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文禊教備前開教者伊藤祐像とその一門―教派神道成立前後の神道講社―荻原稔
1125明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文神道系「三条教則」衍義書考―明治五・六年における神官教導職の衍義書を中心に―戸浪裕之
1126明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文神道教育研究における近代石門心学の位置づけ―天地開闢解釈と皇室との関連―中道豪一
1127明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文「明治天皇紀」の叙述をめぐる問題について―日清戦争開戦時の宣戦奉告問題を事例として―堀口修
1128明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文明治維新期の鎮魂祭山口剛史
1129明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文明治期における香取神宮の祭祀改変について吉野亨
1130明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日論文附祭・御雇祭の展開に関する序論―江戸・神田祭に焦点を当てて―岸川雅範
1131明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日シンポジウム近代日本の教育と伝統文化安蘇谷正彦・天野郁夫・齊藤智朗・藤田大誠・高橋陽一・三宅守常・阪本是丸
1132明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日講演明治皇室典範制定の意義―律令制から立憲制へ―島善高
1133明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日講演今求められる伝統・文化教育―社会科教育の立場から―安野功
1134明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日史料紹介大國隆正著『音図神解』の翻刻と紹介上西亘
1135明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日随想林原美術館所蔵岡山藩学校署遍本紙と現代の学校教育内池英樹
1136明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日書評藤本頼生著『神道と社会事業の近代史』畔上直樹
1137明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日紹介國學院大學研究開発推進センター編『史料から見た神道』ほか企画・編集委員会
1138明治聖徳 復刊第47号平成22年11月3日あとがき「近代日本の教育と伝統文化」三宅守常
1139明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日巻頭言「安政条約廃棄百年」を巡って岡崎久彦
1140明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日論文岩倉使節團の見た米歐の光と翳―初代ドイツ公使青木周蔵の陰の役割―小堀桂一郎
1141明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日論文鹿鳴館外交と欧化政策犬塚孝明
1142明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日論文井上毅の条約改正への功業木野主計
1143明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日論文ロンドン万博へ続く道―一八六一(文久元)年のオールコックの旅と日本の「開国」―佐野真由子
1144明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日論文『香取新報』にみる大正一〇年外遊時の皇太子裕仁親王堀口修
1145明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日論文GHQの神道観に関する一考察―『日本の宗教』を介して―佐藤一伯
1146明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日論文『五箇条ノ御誓文』から『教育勅語』へ―明治の開国と昭和の開国―平川祐弘
1147明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日論文明治天皇の服制と天皇像―「見せる天皇」と「見せない天皇」―刑部芳則
1148明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日論文明治初期の歌御会始の国民の詠進―『同風集』をめぐつて―中澤伸弘
1149明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日論文田島小学校における体験教育考―神道教育研究の視点から―中道豪一
1150明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日論文宮内省諸陵頭山口鋭之助の事績と思想東郷茂彦
1151明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日研究ノート昭憲皇太后基金の創立とその背景について小林晃枝
1152明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日講演占領と教育改革―占領軍より日本側の責任が大きい―杉原誠四郎
1153明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日随想富士秋霽―吉田茂翁の志操―照沼好文
1154明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日書評論文「国家神道」概念の有効性に関する一考察―島薗進著『国家神道と日本人』の書評を通して―藤田大誠
1155明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日書評櫻井治男著『地域神社の宗教学』板井正斉
1156明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日書評畔上直樹著『「村の鎮守」と戦前日本―「国家神道」の地域社会史―』藤本頼生
1157明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日書評佐藤一伯著『明治聖徳論の研究―明治神宮の神学―』藤田大誠
1158明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日書評中野裕三著『国学者の神信仰―神道神学に基づく考察―』武田幸也
1159明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日紹介神社本庁総合研究所監修・神社新報創刊六十周年記念出版委員会編『戦後の神社・神道』ほか8冊企画・編集委員会
1160明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日翻刻みくるまのあと(小出粲著)戸浪裕之
1161明治聖徳 復刊第48号平成23年11月3日あとがき「近代日本の国際交流」武田秀章

1、目的
明治聖徳記念学会では、本会の学術活動の成果を一般に公開し、広く利用して頂くために、『明治聖徳記念学会紀要』の執筆者(著作権者及び著作権継承者)より、当誌論文等の複製権・公衆送信権を本会に委託して頂いた方に限り、その内容を本会WEB(ホームページ)上に掲載致します。
※平成26年1月現在、『神道研究紀要』第10輯、『明治聖徳記念学会紀要』復刊第48号までのデータの一部が収録されています。

2、著作権
本会WEB(ホームページ)上で提供される学術情報の著作権は、各情報の提供者が保有しています。 利用者は、自己の学術研究の範囲でのみ検索、閲覧及びダウンロードが許諾されるものとします。
なお、利用者には次の各号に掲げる事項を遵守して頂きます。

一、

学術情報の複製、改変、翻訳及び編集等の行為を禁じます(但し、自己の学術研究の範囲でのみ検索、閲覧及びダウンロードが許諾されるものとします)。

二、

有償・無償又は媒体の記録形式を問わず、他人に対して学術情報を提供、配布、貸与、譲渡及び送信する行為を禁じます。

三、

他人が共同で使用するサーバ等に保管して利用する行為(ダウンロード又は印刷した複製物についても同様)を禁じます。

四、

各情報の提供者が表示した著作権表示等を削除、変更する行為を禁じます。

五、

その他、当会が不適当と判断する行為を禁じます。

3、検索資料の略称(例)
・『明治聖徳記念学会紀要第1号』→「明治聖徳 第1号」
・『神道研究紀要第1号』→「神道研究 第1号」
・『明治聖徳記念学会紀要復刊第1号』→「明治聖徳 復刊第1号」

l